スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロ地点に戻る勇気【他力本願の本当の意味】

2010年10月17日 18:18
お知らせ
急ですが、明日の22時からネットラジオに出演することになりました。
私も含め、数人のセラピストさんが対談するという形式です。
◆明日の22時以降にコチラをクリックしてくださいね☆
http://std2.ladio.net:8100/sachin7110.m3u

*22時以前はクリックしても聞くことができません。


昨日、集団セッション「豊かさの泉ワーク」の皆様にフォローメール16通目をお送りしました。
読者さんにも必要な情報かもしれませんので、特別にご紹介いたします。
(一部、加筆修正しました)

◆ここから◆
こんばんは。昨日のフォローメールの最後に「問いかけ」がありましたが、あれは課題でもあります。
フォローメールと一緒に出しましたので、ちょっとわかりにくい表現でしたね。すみません!

一度あの最後の問いかけに自分なりの答えを出した方が、前に進みやすいと思いました。
次の課題の事前準備のような位置になる感じでしょうか・・・

というのも。
佐田先生の本には「他力本願」が書かれていますが、ともすると誤解を招く表現でもあります。
「何でも自分でやる」という自立幻想から脱する意味で「他力本願」という言葉を使っていますが、真の意味で効果を出すには「①自分でやるべきことと、導いてもらうことの区別をつけ」→「②そのうえで、自分でやるべきことはきちんとやり、あとは流れに任せる」ことが大事です。

②の「流れに任せる」というのが「他力本願」の部分であります。
ですが、「じゃあ、自分でやるべきことは?」の部分を勘違いされている方が多いのも事実です。

それが、この間のメールにあった「誰かが奇跡を起こしてくれるのを待つ、という受身状態」なのです。
私は多くのクライアントさんを見てきましたが、変わる人と変わらない人の差は歴然です。

変わる人は、心のそこから「変わることを自分で選択」しています。
そして、選択した後に手放すのが、実に上手です。

例えば、佐田先生の新刊で、私のクライアントさんの事例が載っています(スキルアップのために、海外の別の大学院に行くか、就職か迷っていた方)。
あの方は、セッションのあと「自分が本当に願っていること」に気づき、アッサリと通っていた大学院を「辞め」ました。

あのクライアントさんは、たった1回のセッションで大変化を起こしましたが、「自分で選択して行動する」こと、すなわち「今の自分が望んでいないことは、キッパリ辞めること」をしました。

ここが分岐点のように感じます。
変化を求めながら、今持っているもの・環境を捨てきれない方は大変に多いです。

最近の私のクライアントさんの相談内容は、明らかに1年前の内容と変化しています。
一年前は「恋愛がうまくいかない」などの悩みが多かったのですが、最近は「自分の存在意義そのものを問う悩み」が圧倒的に多いです。

つまり「今の状態・職業は本当はやりたいことではないのだけど、だからといって辞めるのはお金の不安があり怖い」というものです。

多くの場合、社会的に安定していると思われている方、地位のある職業の方です。

これらの方達の共通点は「ずっと安定した職場に勤め続けてきた」ということです。
不安定な状態を経験した方が実に少ない!


しかも、お話をよくお聞きしてみると、貯金もかなりの額がある方も多いのです。

そんな時、私の体験談をお話したりします。
私は高校卒業したとき、貯金ゼロ、2000円の現金だけもって東京に家出しました(爆)。住み込みで新聞配達を数年していました。

家具は一度も買ったことがなく、全て大型ゴミ置き場から拾ってきたり、人から譲り受けていました。

そんな貧乏生活でしたが、一度も困ったことはありません。
「な~んだ、私は何をやっても生きていける!人生面白いじゃん」という体験ができたのは財産となりました。

ところが、ダンボール一つで東京に飛び出し、数年後に札幌に戻ろうとしたとき、愕然としたことがあります。
なぜなら、家具は全て捨てたにも拘らず(というか最初から拾い物でしたが・笑)、ダンボールが20個以上になったのです。

「昔はダンボール一つと2000円だけで生きていけたのに、いつの間にか私はこんなに身重になったのだろう」と思いました。
「何だか、私は守りに入っていないか?」と。あのときのハングリー精神はどこに行ったのやら?と情けなく(?)も思いました(←普通、そんなこと思わないと思いますが)

そして、そのときこう誓いました。
「ゼロだ」と。
「いつでも全て捨て去り、ゼロ地点に戻る勇気さえあれば、私はどんな時も生きていける」と。


その後、大学に入り、東京生活で身につけた要領のよさで首席で卒業、そのあとバセドー病になり数年引きこもり(?)、運よくロースクール一期生として合格。
ジェットコースターのような人生でした。

で。
実は、私一度も、社会人経験がありません。つまり、「安定した収入を得た」経験が一度もないのです。
だからこそ、「いつでもゼロ地点に戻る勇気」を持てたのだと思います。

その延長線上で、本当の自分の望み、資質にあったものを「選択」した結果、今は、人生経験上、最も高い収入を得ています。
三年前、今のブログを書き始めたとき、私の貯金は2万円しかありませんでした。
今の貯金額は・・・(笑)内緒ですが、かつてない金額になりました。
本当に自分にやりたいことを続けたからでしょうね。

ですが、実のところ、私はいつでもこの状態をゼロ地点に戻す勇気は、いつも片隅においていたいとも思っています。
いつだって、トイレの掃除のおばちゃん、場合によってはホームレスになってでも生き延びていく自信が私にはあります。
それこそが「最高の強みであり財産」だと思います。

安定したものにしがみついていたら、「自分の本当の望み」を無視してしまいがちです。
不満を言いながら、自分に合っていない、と愚痴を言い続けて、「誰かが私を救ってくれる」と依存していたなら、今の私は存在しません。

変わる人は共通点を持っています。
それは「いつでも自分をリセットできる勇気を持っている人」です。


だから、モノをキッパリ捨てられる人は強いと思います。
その人は、その時々の自分に合ったものをチョイスできる「選択眼」を持ち合わせています。昔は必要で、守ってくれたモノでも、今は必要ではないことに、きちんと気づけ、更に「手放せる」人。

そういう人は強いです。

話は少しそれたように思いますが、今一度、前回のフォローメールの最後の問いかけ、ご自分なりの答えを出してみてくださいね☆

人生はその人がきちんと「選択」さえすれば、何度でも、そしていつでも「リセット」できます☆
その時々の時代に柔軟に対応できる、柳のようなしなやかさを忘れないでいたいですね。

◆ここまで◆

     ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

そういえば、よくあるお悩みがこれ。
「セラピストやヒーラーになりたいのだけど、いずれ不要になる時代がやってくると聞きます。
だから、辞めたほうがよいのでしょうか?」

これこそ、自分に制限をつけている思考だと思います。

本当のしなやかさを身につけたなら、その時代のニーズと、「自分の本質」をチューニングしていけます。
少なくとも今は「セラピスト・ヒーラー」のニーズがあるのですから、ありもしない未来に不安を馳せるのではなく、「今」をどうぞ生きてください、と私はいつもお伝えします。

その「今」を真剣に生きる過程で、必要なものを身につけられ、それを次のステップにつなげられるのです。
私が、なぜ佐田センセの弟子にいきなりなれたかというと「法律を学んできてロジックな話が通じるので、俺の話を理解できるから」だそうです。

私は弁護士を目指していましたが、それは無駄ではなかったというわけです。
必要な過程を経て準備ができたからこそ、今に至っています。

つまり、人生とはそういうものです。
まだ起きてもいない未来にフォーカスして、「自分の選択を制限する」のではなく、「今」を生きてみてください。

このカラクリがわかっているので、私は「ホームレスになったって、生き延びる自信」があるのです。
なぜなら、私という人間の本質は絶対に変わらないことを「知って」いるからです。

職業という見た目に左右されない「自分の神聖な本質」に焦点を当てると、人生は真に豊かになっていくと思います♪♪

コメントの投稿

非公開コメント

ゼロ地点に戻る勇気?

”家出”・・・ハーモニーさんと私の共通点の中でも最大のシンクロ・・・
今でも時々、”消えた”ときのことを思い出します。

当時の私は、全てを捨て切れる勇気はありませんでしたが、
身につけたいものですねv-22

徐々に備わってゆくのでしょうか?

今もまた、分岐点のように感じ、流れに任せ、新たな分野へ
チャレンジしています。





Re: ゼロ地点に戻る勇気?

>テツコさん
そうでしたね!私達のシンクロしていたキーワードでしたね(笑)!
息子がいるのも、ある意味(?)シンクロでしたね(爆)!

> 今もまた、分岐点のように感じ、流れに任せ、新たな分野へ
> チャレンジしています。

テツコさんは、まさに今、変化のとき!って感じですよね。
どんどん精力的になっている感じが伝わってきますv-19
セミナー、活躍されてくださいね☆

わたくし。。

30代で環境美化や良心から掃除の仕事についていますけど、何か?

Re: わたくし。。

コメントありがとうございます!
自分が何をやりたいのかをわかっていて、それをできるのが豊かさだと思います。

私の場合、出足が遅く、ようやく自分が何をやりたいのかここ数年でわかりましたが・・・。
それも含めて、人生は面白いな~と思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。