スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月札幌セミナー【シンクロを起こしやすくする潜在意識】

2010年09月26日 17:40
追記
1日目のみの単発受講もOKになりました。
詳細はコチラの記事◆裏技!タロットと瞑想で無意識にシンクロし未来を変えるをご覧ください。




お待たせしました☆
10月30~31日の札幌での「願いを叶えるシンボル瞑想withオリジナルCD作成」セミナーのご案内です。
10月の東京セミナーと内容は同じですが、場所や環境が違うので、東京とは違う個性が感じられるような気がして、楽しみです☆☆

会場は広いのですが、ここは元々、大きな絵画を作成するアトリエなんです。
そんなわけで、備え付けのイスの数が少ない&CD録音する時間もありますので、
「限定8名」募集です☆
また、分割払いもOKにいたしました。

東京の方でも、31日の最終の飛行機で帰ることができます☆☆
東京では味わえない空間を楽しみたい方、いらしてくださいね♪♪

 ~内容~
2日間かけて、個と全体を調和させ、願いを叶える心の使い方をマスターしていきます。
自我と自然を調和させると、自分と宇宙と一体化していきます。

シンクロニシティの原理を自然と自分との関係から学んでいきます。そのための心理スキルが満載です!

◆ こんな人に向いています
・潜在意識を調和させ、未来への不安・閉塞感を取り除く
・自然の中で、意識を澄んだ状態にチューニングしたい。
・流れに乗って、スイスイといきたい
・願いに近づくシンクロをどんどん起こしたい
・同じパターンでうまくいかない現状を打破したい
・いつも不安感があり、心配だ
・未来のイメージが苦手・・・
・自分の願いが叶うために特化したオリジナルCDを作りたい。
・毎日、寝るときに聞く瞑想CDを作りたい
・瞑想しないときでも、潜在意識にアファメーションを取り込みたい
・潜在意識を効率よく使う方法を知りたい

     ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

今回は素敵な会場を抑えることができましたよ~。
部屋の前面が全てガラス窓で、自然溢れる風景が爽やかに視界に入ってきます。

芸術の森、ってとにかく広いですからね~。
周辺を散策しながら、自分の潜在意識と大いなるものとを調和をさせていき、シンクロを起こしやすくする潜在意識に変化させていきます♪

シンクロが起きる原理

シンクロが起きる原理って何でしょうか?
外側のものと、内側のものが同調することで、現象として「一致する出来事」が起きます。

掃除をすると運がよくなるというのも、この原理に合っていますよね。
部屋が散らかっていると、落ち着かなく、その部屋にいるのが嫌になってしまうこと、ありませんか?

そんな時、潜在意識もごちゃごちゃになっている可能性が高いです。
掃除をすると、その過程で「これはもういらない」「必要」という取捨選択が行われ、自分軸がしっかりしていきますし、何より心がスッキリと整理されていきます。

その結果、シンクロがおきやすくなるんですよね♪♪

このように、「モノの配置」は潜在意識に大きな影響を与えます。
では・・・。

「モノの配置」の中で、最もスケールの大きいものは何でしょう??
佐田センセの本を熟読している方は、すぐにわかると思います(笑)。

そう、「星の配置」です!
星の配置は、シンクロニシティの原理をわかりやすく伝えてくれます。

シンクロを起こしやすくするには?

では、シンクロを起こしやすくするには、どうしたらよいと思いますか?

そうです。
流れに逆らうのではなく「流れに乗る」ことなんですね。

日常でなかなか上手くいかないことが続く!
そんな経験はありませんか?

そんなときは、その人の「思考のクセ」に振り回されていることが多いです。
些細なことに反応してしまい、ついつい自分を責めてしまう。

これは、流れに逆らっている状態です。
心の内側が不調和を起こしているのです。

では、自分の内側を調和に向かうには、どうしたらいいのでしょう?

一番早いのは、「もともと調和しているもの」と同調していくことです。
もともと調和しているもの。

それが「自然」なのです。
季節の移り変わりともに、気温が変化し、木の葉が緑になり、紅葉し・・・やがて地面に落ちていく。
そのサイクルと同調することで、潜在意識が調和に向かっていきます。

今回、セミナー会場を「自然の中で」にこだわったのは、私自身が8月、森で生活して流れがよくなったからです!
呼吸と共に、周囲の景色を自分の内側に取り込んでいくアノ感覚は、自分が大地と一体化していくような、とても素晴らしいものでした。

今流行っている、ホオポノポノも、潜在意識を「調和」させることが原理にありますよね!
自然を利用して、この「調和」を体験することもできるのです。

今回のセミナーでは、自然の中をワークをしながら散策したり、調和に向かう瞑想をしたり、そこでの気づきをアファメーションにしたり、集合意識を利用したワークを扱っていきます。

オリジナル瞑想CDを作成

今回はもう一つ、目玉があります!
自分にピッタリあう世界で一つだけの瞑想CD」を作成していきます。

佐田センセにオリジナル瞑想CDを作成してもらうと、38000円かかりますからね~。
今回はセミナーも融合させているので、かなりお徳だと思います!

自然の中で心と体を解放して、自分のスピリットと大いなるものとを調和させながら、内側から湧き出てくるアファメーションに耳を傾け、それをCDにしていく体験は、その過程で既に願望実現の準備が整っているようなものですよね!

しかも、隠れた目玉「集団の意識のパワーを最大限に生かしたワークをしながらCD録音」もありますからね~。

このワークの効果ははかり知れなく、通常のセミナーよりもシンクロが増えやすくなります。

また、セミナーに出たときは高揚感に包まれるのだけど、日常に戻ると、またいつもの繰り返し・・・。
そういう方には、継続的に潜在意識に働きかけるCDは、大変役立つと思います☆☆

 2日間で扱う内容 

○ 1日目の主な内容:流れがよくなるように潜在意識をチューニングする

・裏技!タロットと瞑想でシンクロを起こしやすい潜在意識の土台を創る
・願望実現する「タイムマシン瞑想」
(タイムマシン理論とアインシュタイン相対性理論をイメージした瞑想)
・潜在意識を調和させ、未来への不安・閉塞感を取り除いていく
・意識を澄んだ状態にチューニングしていく
・同じパターンでうまくいかない現状を打破していく
・認めたくない「ネガティブな本音」をラクに知る仕掛け。
・苦労や努力を利用し、潜在意識の調和(バランス)を取り戻す。
・心理ブロックを解放し、「自信を作る」心理スキル。
・無自覚に流されていることに気づき、「未来を選び取る心のあり方」を養う
・アファメーションを作って歩く。
・余分な思考を停止させる座禅

○2日目の主な内容:アファメーション&CD作成
・自然の中で「リーディング」をする~調和していく内面~
・自然と一体化する散策禅
・ネガティブな無意識を切り替える身体行動
・願いが叶いやすい心の状態の作り方
・本当に望んでいる未来のイメージ
・願いが叶う意識状態に導く「自分にあったシンボル」の作り方
・目標達成に対する抵抗と、それを回避する心の使い方
・自分用のアファメーションを作ったナレーションを個々が録音
・オリジナル瞑想CD作成

~日時の詳細など~
◆日時:10月30~31日 10時半~17時半前後まで
◆会場:芸術の森(札幌駅から45分で着きます!)
    地下鉄南北線真駒内駅からバスで15分です
    http://www.artpark.or.jp/
◆講師:佐田弘幸&ハーモニー
◆価格:40000円
 *2回の分割払いもお受けいたします。
◆割引:①再受講割引
   以前、シンボル瞑想1日コースを受講された方は、一日分が半額になります。
   ですので、30000円になります。
   ②アマゾンキャンペーン割引
   一度限り5000円割引が使えます。アマゾンから送られてきたお申し込み番号をお知らせください。

*①~②の割引は併用できますが、構造上、①と②の割引を同時に適用される方は、おそらくおられないと思います。

------------------------お申し込み先------------------------
◆アドレス:seminar01#ishiki-meisou.com(#を@に変更してください)
◆件名:「札幌セミナー申し込み」
◆以下の内容を必ずお書きくださいませ
↓  ↓  ↓  ↓
①お名前 ②割引使用の有無(シンボル瞑想再受講割引、アマゾンキャンペーン割引)③分割払いの有無 ④携帯連絡先 ⑤ご住所 
      

------------------------------------------------------------------------

以前に開催した「シンボル瞑想1日コース」の何倍もにパワーアップしますので、お楽しみに!
前回シンボル瞑想セミナーの内容

記事化が途中のままですが・・・(汗)
お金のシンクロ 東京シンボル瞑想レポー その1
お金のシンクロ 東京シンボル瞑想レポ その2

 佐田センセからのメッセージ 
変わる人、変わらない人の差は、ずばり「やるかやらないか」。

情報が多い時代なので、
知る=できている

と錯覚しやすいのですね。
実は長年(20年近く)心の問題に取り組んでいて、ご本人の知的レベルは低くはないのに、なかなか変われない(変化の遅い)という傾向を持つ人をたくさん指導してきました。
その大半が、不思議なことに、なぜか教師業の人に多いのです。

なぜ、職業的にそういう傾向が現れるのか?
彼・彼女たちの内観の発表や、ディスカッションの中から考えてみました。

現在、日本の学校では、生徒を評価するシステムとして、筆記テストの比重が大きいのが実情です。
多くの生徒を、なるべく平等に効率よく評価できるメリットを持つのが、「記憶を再現する筆記テスト」でしょう。
しかし、この方法は100%よいことばかりではないようです。
では、どういうデメリットが考えられるでしょうか?

この評価システムを長年続けていると、評価する側、される側の無意識に、
「できる」という定義が、いつのまにか「テストで再現できるよう完璧に記憶すること」と、スリ込まれてきます。
それでも生徒はいずれ社会に出て、「できる」という言葉の意味が変化してきます。
しかし長年教師として、学校の評価システムの中に身を置いていると、その変化は起きにくいようです。
どうしても、「できる」というのは「記憶を再現する」という意味に固定化されてきます。
頭(理性)ではそう思っていなくても、心(感情)では、無意識的にそうなってしまいます。

内観によって、子どもの頃、両親から互いの愚痴を聞くことで、結婚のイメージが悪くなり、無意識で自分は結婚したくない…と、思っていたと、わかったとします。
現状を変えるためには、わかった後に、その無自覚の負のイメージを書き換えるアプローチが必要。
しかし残念ながら、前述の人たちは、なかなか継続的に実行しないのです。

現状の問題を解く好奇心はありますが、後の継続的なアプローチがなかなかできないのです。
彼らの理解では、
「わかったからできた。もう言葉で現状を説明できる」となっているのです。

これは、まるで「語り部(かたりべ)」です。

仕事で知識の量を重視していると、知識の量と理解の質が無関係だと気づきにくくなるのでしょう。

毎日、新しい本は読むが、読んだ本の内容をあまり反芻しない。
しても、それほど続かない。
実行する時間がないという。

そういう人でも、寝る前にCDプレイヤーのスイッチを入れて、確実にアファメーションを聞けるようにしておくと、毎日実行するようになってきます。
めんどくさがりでも、できるようになるには、ベッドに入りリラックスして、入眠する時を使うと良いとわかりました。

特別に時間をとって、反復練習をしてください、と言われてもできない人(実は、しない人なのですが…)でもできる方法は、ながらアファメーション瞑想法しか無いのかもしれませんね(笑)。

寝るのは誰でも一日一回はします。
そのときに、プレイヤーのスイッチを入れるくらいはできるでしょう。
それが、自分用に作ったオリジナル瞑想CDなら、余計にしてみたくなります。

潜在意識が改善されるのも早くなり、日常にシンクロニシティが増え始め、願いが叶う方向に現実が動くようになります。

今度のセミナーでは、さらに自然の中の体験をアンカーとして使い、それをナレーションに取り入れて、自分用の願いを叶える瞑想CDを作ります。

録音する関係上、あまりたくさんは参加できません。
お早めに、お申し込みください。

--------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。