スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂にスタッフを雇うことにしました☆

2010年09月05日 15:30
札幌は段々涼しくなってきつつあります。
でも、来週から東京・・・なので、内心ビビっております(笑)。
少しでも涼しくなるとよいのですが。

さて、ついに私も長年握っていたものを(?)、手放そうとしております。
それが表題の「スタッフを雇うことにしました」なんですけど。

私の悩みと言えば、ただ一つ。
それは・・・。

メールのお返事が気になってしまうこと。

セッションのご感想や、その後の経過をメールでくださったりするの、とっても嬉しいのです!
なので、こちらもそれに見合うお返事をしなければ・・という思考の癖があるようで。

でも、毎日たくさんのメールが来て、そこにエネルギーを注ごうとすると、どうしてもしわ寄せがくるんですよね。

それは、本来私が最もやりたいと思っている「執筆活動」だったり。
更に磨きをかけようと思っている「セッションの手法を研究」することだったり。
そのために必要な本を読んだり、情報を収集したり。

この2年間、あまりにも忙しくて、新しい本をほとんど読めませんでした。
3年ちょっと前、このブログを開始したときは、月に20冊は読んでいたのが嘘のようです。
(まぁ・・・暇だったというのが一番大きな理由です・笑)

でも、私のブログを楽しみにしてくださる読者さん、クライアントさんのおかげで、何度も私自身、ステージアップを繰り返してきました。

その結果が、毎日のたくさんのメール。
そう思うと、「きちんとお返事を返さないと」と思ってしまうわけです。

が。
それが、その通りできていたらよいのですが、私の時間は限られています。

クライアントさんのその後のご報告に、ちょこちょこ質問があると、どうしてもそこに時間がとられ、一日それだけで終わってしまうことも。

そうすると、今度は絶対にやらなければいけない「セミナーお申し込みメール」へのお返事が必要最小限になったり、ご入金確認メールをお送りできなかったり。

色々いただいたものへのお礼メールが遅くなったり。
(そのうち、タイミングを逃して結局送れなかったり)

こう見えても、私は昔から時間の使い方が下手です(笑)。
一つのことに集中してしまうと、他の作業に移行するときに、建て直しの休息が必要なのです。
ま・・・気持ちの切り替えが下手ということですね。

そんなこんなをやっていると、私の事務作業はどれも中途半端になってしまうのです。
メールもお返事できる方もいれば、できない方もいて。
一応、「絶対に緊急のお返事をしないといけない方」にはできているのですが、「重要だけど緊急ではない方」や「その方も急いではいないのだけど、お返事が来ると嬉しいだろうなと思われる方」の優先順位がめちゃくちゃになり(汗)。

今これを書いている中も「あ、あの方にもお返事しないと」と思い浮かぶ方、50人以上は超えています。
これがいつも心に引っかかっていると、どうしても執筆作業に専念できないのですね~。

その他、緊急ではないのだけど、執筆活動に深みがでるために必要な「カウンセリング技術を研究すること」や、より多くの方に私を考えを知ってもらうための「ビジネスの仕組みをつくること」にも決して手がつけられないままに。

とはいえ、カウンセリング技術研究は、空き時間に
「あのクライアントさんの事例を、他のアプローチ方法で行うとどうなるのか?」
「同じ事例でも、~~という性格の方の場合、こういう切り込み方があるのではないか?」
などなど、暇な時間はないほど常に考えているので、やっているといえばやっているのですが(笑)

でも、私がやりたいと思っている「それをきちんとテキスト化して、体系化して、養成講座を受講する方へ提供する準備」や、「それを一般読者さん用にPDF化する」ということまでは、なかなか手が回りません。

要するに、全てが中途半端なのです。

    ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

色々な方から、昨年あたりから
「ハーモニーさん、そろそろサポートしてくれる人を探したら?」
と散々言われてきました。

私も内心「そうだろうな・・・」
と思いつつ、実際に探そうとはしていませんでした。

なぜかというと、読者さんやクライアントさんは「ハーモニーさんに聞いて欲しい」と思ってメールを書いてくださっていると思うので、他のスタッフが返事をしたって意味がないだろう、というのが一番大きな理由です。

それと、これもかなり重要なのですが、心をこめて書いてくださったクライアントさんのメールが、あまりにも素敵だったり、私自身「その後どうなりましたか?」と質問したくなることが頻繁にあります。

そのやり取りの中で、「なるほど~」と私自身、勉強になることが多く、それが「セッションのとき、何となく直感であの手法をとったけれども、理論的にも効果があるかもしれない」と研究心に繋がり、別のクライアントさんのセッションに役立ったり、セミナーの事例ネタになったりするんです。

すると、無断でネタにはできないので「事例としてお話させていただいてよいでしょうか?」や「記事化させていただいてもよいでしょうか?」とメールをすることになります。

ありがたいことに、私はこれを断られたことはほとんどなく、皆さん「私の事例が役に立つなら」と喜んで協力してくださいます。

しかし、ここで大きな問題が(笑)

せっかく、皆さんの素晴らしい経過をご報告いただきながら、記事化する時間がないのです。
なぜかというと、他のメールのお返事や、その他の事務作業に時間をとられてしまっているのです。

セッション後の奇跡的な体験や、気づきなどの記事化のご了承をいただきながら、していないもの。
たぶん200通は軽く超えています。

も、もったいない!
クライアントさんも、せっかくご了承してくださり、記事化を待っておられるかもしれないのに。

でも時間がない。

かといって、私がこれを手放すと、直接クライアントさんからの情報が入らなくなる。

そう。
これが、1年以上、私がスタッフを雇えなかったジレンマなのです。

でも、私は予感しています。
今年の後半から来年、大きなステージアップが来ると。

なので、それにあわせて、私の仕事のやり方を変えていかないと、その波を逃すだろうと。
それを7月頃からヒシヒシと感じていました。

そうしたら起きました、シンクロが。
先月の新月の日、一通の何気ないメールをきっかけに、スタッフを雇わざるを得ないことに。
(因みに、この日、引っ越すことも決まりました)

灯台下暗し。
私が気兼ねなくお願いでき、しかも私の感覚をわかるであろう人物が身近にいたのです。

ということで、今月から来月にかけて、事務作業を色々移譲していくと思います。
完全に体制が整うのは、11月以降でしょうか。
そもそも、この体制を整わせるのも面倒(いちいち人に説明するくらいだったら、自分がやった方が早い、という思い込み)というのも、先延ばしにしてきた理由です。

でも、大きな波がすぐそこに来ているのです!
面倒くさいとか言ってられないっ~~~~!

今月から引越しするのも、その波の予兆ですね。
生活の土台をしっかり作り、大きな木の根が張るように人生の土台をつくる時期が来たようなのです。

クライアントさんからの直接ご感想メールは、私の携帯に転送されてくるので、必ず読むことができます。
あとは、クライアントさんご自身が「これは記事化してもよいです」と申告してくださったり、スタッフに許可をいただくように指示したり・・・ということで対処していきたいと思います。

場合によっては、私が直接メールすることもあると思います。
それはケースバイケースで、スタッフと連携をとりながら感覚を掴んでいきたいと思います。

これは1日1回の電話で済むことですしね。
何でも「文章で説明しないと」というのも、私の思い込みの一つだったことにも気づきました。

ようやく、私も手放しができつつあるようです(笑)。
ということで、クライアントさんからのご感想メールは大歓迎ですので、これからもどうぞ宜しくお願いいたします


コメントの投稿

非公開コメント

充実してるなー!

うらやましい(笑)

こっちは5分の1人で済みそうなくらいの仕事しかないぞ(笑)

やせろ!ということかな^^

1か月に20冊ですかぁ・・・素敵だなぁと、そこにうっとりしました。
そうかぁ・・・この世にはたくさん素敵な本があふれいるんですねー。

安心しました

こんばんは♪

私も今月いっぱいで本業をいったん辞めます。
月末には今の教室を撤去し、引っ越す形をとります。

1年後復帰できるかはわかりませんが、1年間時間を確保して
いままでできなかったことをやりたいです。

今回もまたシンクロですね~

ところで、スタッフさん雇われたとのこと、良かったですね。
尋常ではない仕事量をずっと手伝いなしでやってきたことの
何と長かったこと~

しかも”気兼ねなくお願いでき、しかも私の感覚をわかるであろう人物”
なんですね^^

いつ倒れてもおかしくないと思っていましたが、これで安心しましたv-22

思う存分、活躍してくださいね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。