スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリクソン催眠@即興佐田式アファメーション

2010年05月15日 22:39
★お知らせ
6月東京セミナーの告知は近日中にしますね。
多忙のため、告知が遅くなりました。
3月札幌セミナーで奇跡を起こした「家系・人間関係のクリアリング」セミナーを開催します。
セミナー後、彼氏ができた!家族の問題が解決しつつある!シンクロが起きました!のご報告を多数いただきました。
魂レベルでの変容を起こす!?新生「家系・人間関係のクリアリング」セミナーをお楽しみに~。
もちろん、変容を起こす佐田式アファメーションの作成法も伝授いたします。



ようやくエリクソン催眠の3日目が終了しました☆
主催はあのVOICEで、講師の方はトーマス・コンドン氏。
エリクソン催眠の第一人者の方です。

受講生はセラピーのプロor起業家が多く、男性が半分以上を占めています。
アカデミックな雰囲気が漂い、左脳と右脳を半分ずつ使うような・・・そんなセミナーです(どんなや~!)

とても意識の高い方ばかりなので、お昼休みに皆さんと食事に行く時間も、楽しく過ごしています!
あ~このまま東京に住みたい(笑)。

というのも、明日札幌に帰るのですが、3日後の19日~25日まで再・東京滞在することになりました。
札幌には二日間しか滞在せず、すぐに東京にトンボ帰り!
急遽東京に再度行くことになったのですが、ほんと札幌にいる意味がよくわからなくなってきつつあります。
東京で家を借りた方が良いような・・・。

かなり微妙~。

           ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

さて、2日目と3日目のレポです。
この三日間、「言葉の魔術師」と呼ばれたエリクソン独特の「曖昧な言葉の使いまわし」というのを、ワークで実習してきました。
内容を簡潔に言うと、誘導瞑想の中で、潜在意識の抵抗を回避する言葉を使っていく感じです。

前回の記事に書いたとおり、これ、まさに佐田式アファメーションと本質が全く同じなのです。

今回のセミナーは講義はほとんどなく、実習&実習なので、先生の見本を体感した後、即、ペアワークで同じ内容をやらされます。

一応、先生が見本の言葉を教えてくれますが、その本質を捉えたうえで、自分でアレンジしていく必要があります。

で。
やってみた感想。

「これって、即興の佐田式アファメーション作成だな~」と。

どんな手順でやるのか、ちょっと再現してみます。

まず、ペアワークを組む方には、事前にインタビューをします。
例えば、「人生で手に入れたい資質・クオリティは何ですか?」から始まり、更に詳細を聞いていきます。

ワークの中では、誘導の中で、これらを「暗示」する言葉をちりばめながら、相手をトランス状態に導いていきます。
これは、その場で即興で言葉を紡いでいくのです。
もちろん、潜在意識の抵抗を回避する言葉を選んで。

抵抗を回避する秘訣は、いかに言葉を抽象化・一般化するかにかかっています。
そのうえで、「そうそう!そうなんだよね。こういうことを実は望んでいたんだよね」ということを読み取り、言語化していきます。

ある意味、チャネリングっぽいかもですね(笑)

実際、私はおそらくその最中、知らず知らずにシータヒーリングのテクニックを使っていたかもしれません。
何となく、その方に合う映像を感じ取り、それを一般化して、その場で表現していきました。

あまりに具体的だと、お相手の抵抗を引き出してしまいますので、いかにして潜在意識に届くシンボルのようなものを表現するかが大事です。

例えば、誘導していく中で、目を瞑ってもらうことが多いのですが、「あなたには光が見えてきます」と言ったらNGです。
なぜなら、光が見えない方もいるからです。

なので「あなたの無意識下では、深い対話を始める準備ができているかもしれません。」
「それを、ハートの奥で感じる人もいるでしょう。何らかの映像が見えてくる人もいます。」
「ひょっとしたら、あなたが探していた答え、あるいは望んでいたものを手に入れるために必要なヒント、それを感じることもあるかもしれません」

などど、暗示を入れていき、お相手がトランスに入ったところで、お相手が望んでいる「資質」にある周辺のキーワード(それらの資質を仄めかす別の要素など)を抽象的に言語化して、アファメーションのように(というか佐田式短文アファメーションそのものですが)していきます。

いやほんと、まさに即興の佐田式アファメーション作成でした。
そして、やればやるほど、「確かにこれは芸術の領域に入るな~」という予感がしてきました。

左脳と右脳を同時に使う感じもあり、やっていてエキサイティングなのです!

ところで、シンボルを読み取りアファメーションにするってどういうこと?
と思うかもしれません。

わかりやすい具体例を出すと、今年の始めに「満月のアファメーション・プレゼント」の記事を公開いたしました。
コチラの記事です)

このアファメーションは多くの方から
「私のことを書いてくれたんですよね!」と言われました。

これが「暗示」なのです(笑)

多くの方に共通する普遍的な感情や望みを読み取り、言語化していく。
だから、潜在意識に抵抗が起きないのです。

今回のセミナーでは、ワークを通じて、ひたすら「その場」で、抵抗を引き起こさない「シンボル」「感覚」を言語化していく訓練しているといってもいいかもしれません。

やっぱり、佐田式アファメーションとエリクソン催眠は親和性が高いですね~。

知識習得というより、実践だらけのセミナーなので、寝ている暇がなく、とても楽しいです☆
明日の最終日、楽しんできますね~!

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。