スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐田センセを●●するエリカ様【基礎編】

2010年05月06日 00:56
お知らせ
5月のセッションはお申し込みを締め切りました。
キャンセル待ち、6月のセッションを早めにお申し込みされる方は、メールをくださいませ。



ただいま、シータセミナー札幌開催中です。
なかなかパソコンを開く時間をとることができず、メールのお返事も滞りがちです。
セッション、電子書籍のお申し込みメールを除いて、5月16日までメールのお返事は休ませていただくことにしました。

シータが終わってすぐ東京に行き、東京瞑想教室のアシスタント、その他の講座、エリクソン催眠などを習得してきます。
なんて慌しいのでしょう(汗)

さてさて。
あっという間に基礎が終わり、今日で応用も終わリます。

今回の記事は基礎コースの覚え書きを。

それにしても、どうして札幌セミナーは毎回、ドラマチックなことが起きるのでしょう?

今回でシータ札幌セミナーを開催するのは3回目ですが、毎回こんなに受講する方のレベルが倍速でアップしているのはなぜ?と不思議に思います。

昨年12月もエリカさんとクリスさんは
「今回の受講生の方達の飲み込みの速さはあり得ない・・。北海道の人は違う」と驚愕していました。

でも、今回の基礎コースはそんなもんではなかったのです。
本当にあり得ないほどに、皆さん、初受講とは思えない吸収っぷり。

「第七階層への繋がり方が、超リアルにわかった」とおっしゃる。
そういう方が数人おられまして、共通点は、3月札幌セミナーで佐田センセの「ハイヤーセルフ瞑想」を受講された方達ということ。

皆さん、口々に「適切な順番でシータセミナーを受講できた。」
「シータの講義を聴きながら、佐田センセのハイヤーセルフ瞑想と、佐田式アファメーションの内容を復習している感じだった。」
と。

3月の札幌セミナーは奇跡の連続でしたが、その流れが今も続いている感じがありますね☆

で。
意外や意外。
佐田センセ、かなり真面目に受講しています(笑)。

基礎コースでは毎日、感慨深い出来事が起こりましたが、最終日には更に深~い出来事が起こりました。
ヴァイアナさんのおっしゃる「神聖なタイミング」の意味を考えさせられました。

そもそも、ペアワークの組み合わせからして、不思議なこと・シンクロの連続!!
私は今回はアシスタントだったので、ペアワークには加わらないつもりでしたが、初日からいきなりエリカさんが「ハーモニーさんも加わってくださいね」と。

いや~な(爆)予感がしましたが、的中しました!
ペアの方はカードを引いて決めるのですが・・・案の定、私のペアは佐田センセでした。

更に・・・。

確かその後は、5回ペアワークがあリました。
毎回、カードを引いてペアを組むのですが、3人の方が佐田センセとのペアになりましたが、3人とも同じ苗字だったのです!

実は、今回受講された方の中には、同じ苗字が3人、同じ名前が3人おられるという不思議なことが。
この3人は、3月の札幌セミナーも受講された方達でして。
3月セミナーは、この方達も含め、同じ苗字が4人、同じ名前が4人受講されていた、というありえないシンクロぶりでした。

基礎の最終日の朝、エリカさんが「今回の基礎は愛というのがテーマというインスピレーションが沸いてきましたが、今日は更に”家族”というのも沸いてきました」とお話されました。

確かに!
最終日は「神聖なタイミング」「絆」「繋がり」というキーワードがピッタリのことが連続して起きました。

少人数なのに、同じ誕生日の人がいた、というシンクロもあり。
同じ誕生月の人が半分を占めるということもわかり。

お昼休みの前の守護霊からメッセージを受け取るワークでは、エリカさんの「家族」というキーワードの意味することを思い知らされるようなシンクロも起きました。

最後は涙・涙・涙・・・で一体感を感じて終了しました。

   ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

それにしても、今回は改めてエリカさんの愛の深さ、受け入れ力の広さを実感させられました。
「あの」佐田センセが一日も休まず真面目に受講できるのは、エリカさんが講師だからこそだと思います。

ありのままを受け入れる。
これはなかなかに難しいです。

佐田センセと言えば「アファメーション」で本を出版しているので、「言葉」へのこだわりは半端ないです。
それで実績をあげているだけに、探究心から、時折疑問がわくようです。

そして、その疑問の背景には理論という骨組みが・・・。
この前知識があるインストラクターなら、通常、佐田センセに鋭い質問を投げかけられれば、ヒヤリとする場面があることは容易に想像できます。

しかし。
私が本当に感心したのは、エリカさんが一切動じることなく、佐田センセのすべてを受け入れながらも真摯に対応する姿。

コレができる人は、そうそういないでしょうね・・・。
根底に「本当の愛」があるからだと思います。
そして、更には「自信がある」んだと思います。
だから、「自分の思う通りに場を進めようとコントロールする」ことが一切ないのです。
だから防御する必要もない。

あの佐田センセが(笑)、エリカさんの前では素直な「ひろ君」になっていました(笑)
「自分の質問を否定するエネルギーを一切感じない」と。

お見事!
の一言でございます。

委ねる。
人を受け入れる。
信頼する。

エリカさんの「あり方」からはたくさん学ぶことがあります。
改めて、エリカさんは偉大だな~と。

そして、主催者としてお呼びできたことに感謝です☆
今日は応用の最終日。
どんなドラマが起きるのか楽しみです!




コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。