スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐田式アファメーションで失業から脱出! その1

2010年04月15日 07:02

さて、今日は新月だったので、お勧め瞑想CDのご紹介する予定だったのですが、予定変更します。
面白いシンクロが起きたからです。

登場人物は、2人の男性AさんとBさんです。
お2人の許可をいただけたので、記事にいたします。

まず、数日前にAさんから私の電子書籍のお申し込みメールが届きました。
私はメールの文面を読むと、現在の状態、傾向などが大雑把にはわかります。
Aさんのメールを読んで、直感的に思ったことは、「電子書籍を購入しても、Aさんの問題解決にはならない」ということです。

◆Aさんのメールには、こんなことが書かれていました。
・とある人から紹介されて、ハーモニーさんの電子書籍を勧められた。
・詳しくは書けないけれども、現在大変な状態にある
・何とかこの状況を打破したいと思い、何冊かの書籍やDVDで勉強をしていた
・でも、なかなかこれらの内容が信じられない


◆そこで、私はこのようにお返事をしました。
メールを拝見しますと、「大変な状況」におられるようですね。
その場合、私の電子書籍よりも、佐田弘幸先生の新刊「自分から自由になれるゼロ思考」を読まれるほうが適切だと思います。

電子書籍は、「大変な状況」の方の突破口が書かれているとは言いがたいと思います。
せっかくお申し込みいただいたのに、申し訳ありません。
それでもなおお申し込みされたいのであれば、メールをくださいませ。


◆後日、Aさんからこんなメールが来ました(要約しています)
・実は「大変な状況」というのは失業状態のことです
・目の前の状況を変えようとして、バタバタといろんな本に手を出していたようです
・実は、少し前に佐田先生も本も購入して読んでおります
・でも電子書籍の内容にはとても興味があり、今の問題以外の事にも役立てたいので、ぜひ購入したいです


◆私はこのメールで、ますます最初の直観を確信しました。
そこで、このようにお返事しました。

そうですか・・・大変な状況とは、失業のことだったのですね。
残念ながら、やはり私の電子書籍ではお役に立てないと思います。
佐田先生の新刊を隅々まで読み、理解することの方が、ずっと役に立つと思います。
知識を入れるより、ご自分と向き合うことの方が結果を出す場合があります。

せっかくお申し込みいただいたのですが、決して安いものではないですし、私のポリシーでもありますので、ご理解くださいませ。

なお、記事にも書きましたが、経済的事情のある方へのセッションを今度行います。
ご縁があるようでしたら、お申し込みください。

そうそう。
電子書籍ではお役に立てないと思いますが、佐田先生の新刊キャンペーンに応募された方には、PDFがプレゼントされました。
後半(三分の二ほど)は私が執筆しています。

そこにも色々とヒントがあると思いますよ。


そう書いて、電子書籍の販売はお断りした替わりに、アマゾンキャンペーンのPDFをお送りしました。

ところが。
この直後、シンクロが起きたのです。
それがBさんからのメールでした。

 ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

Bさんもまた数日前に、私の電子書籍をお申し込みされた方でした。
あ。
因みにこの方には、私は販売しましたよ(笑)。
(私は5人に1人位の割合で、販売をお断りしています)

◆その方にPDFをお送りしたところ、こんなメールをくださいました。
(内容を要約しています)

・佐田さんの新刊から、あなたを知りました
・以前からうすうす感じていたことを、明快にブログに書いてらっしゃるので驚いた


◆実は私、最近色々な方から「私が密かに思っていたことを、わかりやすく文章で書かれていてビックリです」というメールをいただきます。
私は、「え?どのあたりが?」と謎に思っています。
そこで、このBさんにも「どのあたりをそう思ったのですか?」と尋ねてみました。

◆そのお返事が届いたのが、上記のAさんへの最後のメールを出した直後だったのです。
そのメールには、驚くことが書かれていました。

元々佐田さんのご著書であなた様を知りました。
長く続いた困難も、本で読んで試しに作ってみたアファメーションを試みたところ、それから1週間程度で突然好転し、驚いてしまい、そこであなたのサイトへアクセスしてみたところです。

私が長年自己啓発へ抱いていた漠然とした疑問に回答を試みているあなたの姿を拝見して、またまた大いに驚いて今回の注文となったのです。

困難とは失業だったのですが、あれほど苦労しても何のとっかかりも得られなかったのに・・・、と喜んでおります。
まだ職が決まったばかりに過ぎず、これから財力も何とかしなくてはなりません。
でも、サイトを拝見して、少し嬉しい気分でもあります。


        ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

何というシンクロ!
Aさんは失業状態で私の電子書籍を申し込まれ、でも私に「佐田センセの新刊を読み直してください」と購入を断られました。

一方、Bさんは、佐田センセの新刊を読み込んで、自分なりにアファメーションを作成したところ、長い間悩んでいた失業状態を脱しました。
そして、その後に私の電子書籍を購入された。

AさんもBさんも「失業」という共通のキーワードが関係していて、「電子書籍購入した(しようとした)」「佐田センセの新刊を購入されている」というのも共通です。

そして、私がAさんに「電子書籍よりも佐田センセの新刊を読んで、ご自分と向き合ってください」をメールを送った直後に、おそらく佐田センセの本を読み込んでご自分と向き合ったであろうBさんが、「失業から脱しました」とメールをくださった。

その後、Bさんに「記事化のお願いメール」を出したところ、お返事が来ました。
それを拝見するとやはり、Bさんはきちんと「やるべきこと」はきちんとされている方だとわかりました。

記事が長くなりますので、どんな内容だったかは、次回の記事に書きますね。
(今度は書きますよ、本当に・笑)


コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして、はじめてコメントさせて頂きます。

「自分から自由になれるゼロ思考」という本を読み、佐田弘幸さんとこのブログのことを知り拝見させて頂いています。

そこで佐田式アファメーションについて質問なんですが、私は欲張りなせいか、お金についてのアファメーション、健康についてのアファメーション、
人間関係についてのアファメーション、仕事についてのアファメーションなど、いろいろな問題のアファメーションを一日に何度も唱えて、すべていい方向に導くようにしたいと思っていますが、これってやはり少し無理があるでしょうか?
それともあまり多くのことに手お出さずに、一つのアファメーションの問題が解決してから、次の問題に取り掛かったほうが良いのでしょうか?

よいアドバイスがあればよろしくお願いします。

Re: タイトルなし

はじめまして。
佐田センセの新刊から来られたのですね。ありがとうございます。

佐田式アファメーションは「自由度の高さ」が特徴でして、特にルールはありません。
(それゆえ、センスが必要というか、内観の深さによって、完成される言葉が全然違うという奥深さもあります。私自身、クライアントさんに作成するアファメーションは、数ヶ月前とは全く違うスタイルに変化しています)

ですので、たくさん唱えてもよいですし、一つずつ順番でもOKですよ☆
ポイントは「心地よさ」だと思います。

ご自分がそれを「作成する過程」「唱えているとき」、どんな気持ちがするのか?
そこがポイントです。

ですので、やはり「内観の深さ」がポイントになります。
色々と試されてくださいね。
正解はないのですから。

ハーモニーさん、早速アドバイスをありがとうございました。

「内観の深さ」と「心地よさ」を重点的に考えてアファメーションを

作るのがポイントですね。一番大切なポイントをお教えいただいて

本当にありがとうございます。早速、いろいろとアファメーションを

作って行こうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。