スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えないと悩むシータヒーラー必見!【札幌ハイヤーセルフ瞑想】

2010年03月21日 00:15
先ほど、札幌ハイヤーセルフ瞑想セミナーが終了して、カニ料理を食べて帰ってきました~。
今回は、京都、東京、横浜から参加される方が4名おられたので、道外の方を中心にカニ料理を食べようということになったのです。

明日のセミナー後は「公開秘密結社あじと」に行く予定です☆
あの造りは、道外から来られた方は感動すると思うので、是非~ということに。

さて、今日の「ハイヤーセルフ瞑想」はとっても濃かったです!
4月3日の東京セミナーの告知記事も兼ねてレポートしたいと思います。
(3日は、ハイヤーセルフ瞑想が半分、願望実現しやすくなるシンボル瞑想の二本立てです)

4月2日~4日に扱う内容は、コチラの記事を参照してください。
◆お申し込み先:harmony#ishiki-meisou.com(#を@に変えてください)

           ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・


今回のセミナーは、目からウロコ!な手法が満載。
一言でいうなら「高次の自己に聞きたいことを質問して答えてもらう」という内容。

そして、私的には「シータヒーラーにお勧めしたい」内容だったと思いました☆

実際、シータヒーラーの方や、シータヒーラーのインストラクターが数名参加されましたが、満足されていた方が多かったです。
もちろん、シータをされていない方でも、ハイヤーセルフと会話できた方がたくさん!

でも、特にシータをされている方、教える立場の方には「なるほど!」と納得する秘訣が散りばめられていたと思います。

というのも、シータをしている人って大きく二つに分かれます。
「見えない、聞こえない、わからない・・・・私ってダメかも!?」と思ってしまうタイプと、わりとすぐに「見えて、聞こえて、わかって」というタイプです。

一度、「見えない」と思ってしまうと、コツを掴むのに時間がかかってしまう方もおられるようです。
しかし、今回のセミナーのご感想では「私には無理と思っていましたが、できて感動しました」という方が何人もおられました。

また、「絶対無理」と思われていた方でも「見えるということの感覚がわかってきました」と書いてくださっていました。

そう。
今回のハイヤーセルフ瞑想は、佐田センセの長年の研究成果の末の「見えないと言う人でも、絶対に見えるようになるコツ」を凝縮したものなのです。

「ステップ式ハイヤーセルフ瞑想」という手法で、ゲームのようなワークを繰り返していくうちに、「あ、見えるってこういうことでいいんだ」と気が楽になります。
「見えない」と悩む方は、写真のように鮮明に見えないといけない、という思い込みに縛られているケースも多いのです。

また、ご自分は「見える、聞こえる」という方でも、「自分はできてしまうので、できない人から相談されたとき、どう説明していいのかわからない」という悩みを抱えていたりします。

特に、シータヒーリングのインストラクターの方などはそうかもしれません。
ご自分が見えてしまうので、見えないと悩む人に「感じたままでいいのですよ」と言うしかなかったりします。

でも、今回の佐田センセの手法は、そういう方にも無理なく「見えていく自信がついていくコツ」が満載だったので、本当に内容が濃かったと思います。

私自身、今日は初めての「イッてしまった世界」を体験してしまいました(笑)
佐田センセのシンボルを使ったコンタクト法。
かなり、私に合っていたようです。

前日が寝不足だったというのもありますが、それだけではない「何ともいえない不思議な感覚」。
「もしかして、麻薬をやるとこんな感じになる??」という感覚でした。

意識は覚醒しているのだけど、夢にいるようでもあり、映像が妙にハッキリ見えて、上半身が別の世界で生きているような、頭がフワフワした感じになってしまいました。

あ、あれは何だったのでしょう・・・。

後で佐田センセに聞いたところ、「潜在意識がとらえるシンボルを計算しつくして誘導している」「潜在意識の検索機能を計算した言葉を使っている」のだそうです。

でも、誘導自体は10分とかなり短かったのです。
あんなに短い時間に、なぜあんなことになったのか・・・。
いまだ謎です。

あまりにも不思議な感覚だったので、あの瞑想法をしばらく続けてみたい気持ちになりました。変化が楽しみ♪♪


     ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・


今回のセミナーの内容は大きく二つのテーマがありました。
一つは「見えない、と言う人が確実に見えるコツ」
もう一つは「見えた後の精度を上げていくコツ」

佐田センセ曰く、いくら見えるようになったとしても、本人のコンプレックスが強いと「私ってこんなに見える!」と過度に強調して、思い込みの世界にはまる事例もあるようです。

そこで「精度を上げるには何が必要なのか?」ということがテーマになるのです。
この段階になると、「佐田式アファメーション作成」の「内観」とかなり被ってきます。

自分を受け入れていく、ウソをつかない、本音に気づく。
こういう、「丁寧な自分との対話」が必須になっていきます。

佐田センセのポリシーは・・・。
「見えたものが100%正しいとは思ったことはない。半分以上は妄想だと謙虚な姿勢は必要」
「そして、見えたものを現実に生かす。現実が変わらないと意味がない!」

これは全く同感です。
見えたはいいけど、単に他人をジャッジしてしまうことに使っている方を、たまに見かけますので・・・。
それは、自分の中にある「コンプレックス」がそうさせていることに気づかないと、色々な不都合があるかもしれません。

わかった気になる。
人を見下す。

こうなると、この間の記事に書いたように「本末転倒」になってしまいます

1日セミナーで時間が限られていたので、一つ目のテーマ「見えると実感するコツ」に大半の時間が割かれましたが、二つ目のテーマ「日々の精度を上げる」というのも、とっても大事ですよね。

今度は、二日間セミナーとして構成したいな・・と強く思いました。

最近、佐田センセの瞑想教室でも取り上げているそうですが、継続的に行っているせいもあり、100%の人が見えるようになったとのこと。
あとは「日々の訓練で精度を上げていく」ことが課題になっているそうです。

そのための「佐田式アファメーション」もいくつか紹介されました!
佐田センセ自身、毎日それを唱えているそうで、さすが経験に裏打ちされた深いアファメーションだったな~と思います。
私も今日から早速このアファメーションを唱えていきます♪♪

数ヶ月後の変化がとっても楽しみ!


        ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

4月3日の東京「ハイヤーセルフ瞑想&シンボル瞑想」セミナーは、更に豪華な内容です。
ハイヤーセルフは、「高次の自己に答えてもらう」がテーマになりますが、「願望実現」とはちょっと違います。

一方、シンボル瞑想は、「願望実現するために効果的な瞑想法」ですので、佐田式アファメーションを駆使して楽しむことができそうです。

ハイヤーセルフ瞑想でも、佐田式アファメーションを使いますが、シンボル瞑想法は特に「願望実現としての側面を持つ佐田式アファメーション」と相性がよいと思います。

この二つの瞑想法を、1日でいっぺんに行うので、かなり濃いでしょうね~。
私も今から楽しみです♪

さて、これから寝て、朝早起きして、佐田センセと会議です(汗)
おやすみなさい・・・・。




コメントの投稿

非公開コメント

>「潜在意識がとらえるシンボルを計算しつくして誘導している」「潜在意識の検索機能を計算した言葉を使っている」のだそうです。

そうなのですか(@0@!!
この部分、感じ取れなくて残念。。。
昨日は、佐田先生の誘導瞑想を
とても楽しみにしていたのですが、
残念ながら、途中から半分眠っていました(><
言葉は確実に聞き、その瞬間は理解しているはずなのに、
意識の一部が休眠状態に。
だから開眼した瞬間、後半部分の記憶が見事になかった。
例えるなら、夢のような感覚。
見ている最中は、これ起きたら思い出そうと思っているのに、
目覚めたらすっかり残っていないような感覚です。
(あ、私は夢を見ている最中、夢だという意識があります)

海馬まで到達していない。
残念!!
実はこの現象、ハーモニーさんが行って下さった1月の集団で
シータを受けた時にもなりました。
だから、今回は用心していたのに。
く~

きっとこれは、寝ている時と同じ状況なのですよね。
要は、体力が回復する瞑想ということです。
自分が日頃行っている瞑想とは
また雰囲気が異なるので、
それはそれで楽しいです(^^♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。