スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京の歯医者さんが私に会いたがるワケ その1

2010年02月02日 18:00
 お知らせ 
昨日、お蔭様でアマゾンで、カテゴリー第1位をいただきました。総合では最高15位までいったようです。
アマゾンの本は50万種類(いやもっと?)はあるようですので、これは奇跡です!!!
皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

しかし、現在、アマゾンの配送センターに在庫がない状態のようで、既に、中古品では何と新品の倍近くの値段がついているようです

特典がつくキャンペーンは今日の23時59分までですので、このチャンスを逃さないでくださいね!
そして、2月3日23:59までにアマゾンから送られてくる「注文番号」をメールでお送りくださることも、忘れないでくださいね!
新刊には私のクライアントさんの事例が掲載されていますが、「事例の裏話」「事例のその後」をPDFでお送りします。

新刊244ページに掲載されている女性は、あの後一体どうなったのでしょう?
実は、昨年12月の脱稿後、私は彼女から奇跡が起きたことを知らされたのです。
6年間、理不尽な関係を受け入れていた彼女が奇跡を起こしたワケは・・・!?
一体どんなアファメーションを私は作ったのでしょうか?
乞うご期待!

アマゾンキャンペーンの詳細はコチラをご覧ください。


昨日の夜中に札幌に帰ってきました♪
着いたらマイナス10度の世界が待っていました。
東京は暑いので、秋用の服で行ったのですが、さすがに札幌は寒い!!

めっちゃ慌しいけれども、充実した東京滞在でした。
玄米断食も順調に9日目を終了しました!
残すところあと1日~♪♪

ところで、表題の件なんですが。
東京で歯医者さんとお会いしてきました。

私に会いたいとのこと。
一体なぜ?

この歯医者さんは、先日開催された「NPO日本心理カウンセラー協会」の会合の席で、佐田センセと席が一緒になったそうです。
そして、すっかり意気投合!

この歯医者さんはこんな悩みを佐田センセに相談したそうです。
「歯ぎしりで悩む患者さんが多いのだけど、無意識を探って治すことはできないだろうか?」

そこで、佐田センセがハタと閃いたのが、私のクライアントさんの事例です。

その事例とは・・。
昨年、10年間もの間、「歯のくいしばり」で悩まれ、色々な方法を試しても一向に改善されないというお悩みで、私のセッションを受けられた方がおられました。

この方、実は歯科助手さんだったのです!
それならば、勤務先の歯医者さんに色々アドバイスしてもらえるはず。

しかし、原因はわかりませんでした。
マウスピース、枕を変える、ホメオパシー、はたまたレイキまで・・・。
あらゆることを試しましたが、一向に改善がみられなかったそうです。

そこで、「もしかして潜在意識に何かあるのでは?」と思い、私のセッションにお申し込まれたそうです。

そして、初回の2時間セッションをした次の日。
何と、いきなり「歯くいしばり」がピタッと治ったのです。

しかも、実はこの時点でアファメーションはまだ作成されていませんでした。
(数日後にメールにてお送りいたしました)

つまり、アファメーションを唱えていないのに、効果があったのです。
実は、こういうことはよくあります。

通常、セッション後1週間以内にアファメーションをお送りしますが、届く前に変化が出てしまうという事例です。

コレは不思議でも何でもありません。
なぜなら、新刊にも書かれていますが、「アファメーションそのものにパワーがある」のではなく、「アファメーションを作成するにあたって必要な段階を踏む過程での気づき」にパワーがあるからです。

つまり、無意識を意識化するその過程に意味があるのです。
佐田式アファメーションというのは、その意識化されたものを言葉に表現したもので、唱えることで「無意識をコントロールする働き」があるのです。

でも、実は「意識化」した時点で、コントロールと同様の効果が得られる場合も多いです。
それは、先日の記事「運命をコントロールする秘訣」とも大いに関連しています。
(この記事は反響が大きく、メールも多数いただきました。ありがとうございます)

なので、セッションを受けただけで、まだアファメーションを唱えていないのに効果が出るのです。

    
    ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

さて、たった一度で歯の食いしばりが治ってしまったこの方。
実は、その10日後くらいで、また戻ってしまい、継続セッションを申し込まれました。
そして、現在では、以前よりは症状が軽減されたようです。
佐田センセの必殺技も加味されましたし!
(佐田センセは難しい事例ほど燃えるので、この事例をもっと研究したい!と、なぜか喜んでいました・笑)

それでも、一時期でもピタッと止まってしまったのはなぜなのでしょうか?

東京在住のその歯医者さんはそこに興味をもたれ、私とそのクライアントさんに会って話してみたいと思われたそうです。

そこで、日曜日の夜、歯医者さんと佐田センセと、クライアントさんと私の4人で食事をすることに。

が。
私は玄米断食中(爆)。

ここでも誘惑の魔の手は、私に襲い掛かります。
しかし、やはり動じませんでしたよ~。

その歯医者さんは、あの手この手で「じゃあ、玄米に合う一品料理をとろうか」「サラダなら食べれるでしょう」「デザートはどう?」と全く諦めなかったのが、面白かったです(笑)。

さて、このクライアントさんの潜在意識にあったものは何だったのでしょうか?

                      つづく・・・(出たーーーっ!)




コメントの投稿

非公開コメント

えっ?!

どうしよう・・・
1日間違えてました
今日までに注文すれば、特典がつくのだと・・・
イヤ~ン(涙)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。