FC2ブログ

「ハーモニー式カウンセリング」が確立されつつあります

2009年07月14日 08:42
昨日の夜中、札幌に帰って来ました。
5月末から、ほぼ毎週、東京か大阪に行っていましたが、出歩く日々も、ようやく落ち着きそうです。
手帳を見てみると、週の半分以上が出張で、札幌にいない日の方が多い!

何だか怒涛のような日々でした。
この1ヵ月半で、ハイスピードな勢いで、セッションの中身が濃くなりました。

佐田式アファメーションをベースに、シータヒーリング、その他イメージ誘導、エネルギーワーク的なもの。
思いつくままに、組み合わせています。

最初、どのように融合するのかわかっていませんでした。
でも、やっていくうちに、自然に「わかる」んですよね。

この時は「イメージを使え」とか。
この場合は「佐田式アファメーションを使え」とか。
理屈ではなく「わかる」んです。

そして、数をこなしていくうちに、自分なりに体系化できてきました。
その一部が、先週の関西「ブログでファンを作る講座」の第一部「心のブロックを外す」でお披露目。

佐田センセから教えてもらったものがベースですが、経験を重ねる中で、自分で工夫した部分が、かなり追加されています。

約1年近く、のべ300人以上の方にカウンセリングをさせていただく中で、手法がどんどん進化しつつあります。
昨年の8月の頃とは、中身が全然違っているかも(笑)。

更に怒涛のような1ヶ月半の学びの成果で、私オリジナルな手法も加速して開花しつつあり、段々「ハーモニー式」が確立しつつあります。

今のところ、佐田式アファメーションと家系のデトックスを応用させたもの(佐田センセ考案)と瞑想とシータを組み合わせたセッションが、もっとも私らしさを生かせるようです。以前よりも、効果の出方が早くなっています。

ポイントは「質問の仕方」ですね。
これらを有機的に組み合わせる繋ぎが「質問力」なのです。
「質問の仕方」のベースには、クライアントさんの答えを繋いでいき、人生の構図を俯瞰的に捉える視点があります。
この視点があってこそ「質問」が生きるのです。

質問が上手くいくと、何をツールにしたらいいのかが見えてくる。
アファメーションなのか、瞑想なのか、家系のデトックスなのか。
なかなかに奥が深く、もっと極めたいな~なんて思ってます。



経験を重ねるうちに、落としどころもわかってきました。
継続セッションの場合、毎回小さなお題を扱いますが、翌日に叶うということも普通に起きています。

この間も、4回目の継続セッションを終えた方が
「またまた、セッションの次の日の朝に叶ってしまいました。あまりにも即効すぎて、このままでは依存してしまいそうなので(何か問題があるたびにセッションをお願いすればいいと思ってしまうので)、しばらく自分の力でやってみます」
というメールをくださいました。

この方は、セッションの都度「男性と話すのが苦手」「時間に追われてしまう」「どうしても明日までに仕事を仕上なければならずピンチ」など、お題を変えていきましたが、毎回、次の日に急に解決した、ということが起きていました。

最後のセッションの翌日も、早朝いきなりミラクルが起きたようです。
あまりにも上手くできすぎでした。
報告メールをいただき、私はPCの前で大笑いしてしまいました(笑)。
そうきたか、と。
拍手喝采!です。
他力本願を使いこなすコツって、結局「信頼する」に尽きますね。

最初にお会いしたとき、ちょっと自信がなさそうだったのですが、本来の力を発揮できるようになったのでしょうね。
素晴らしい~!
私はもともと、ご自分の力を信じられるようにサポートするのが仕事です。
なので、とても嬉しいですね~。



秋からの養成講座のテキスト作成は、当初、佐田センセの考え方を私がまとめるつもりでした。
しかし、関西のセミナーのテキストを見ると、私なりの方法も確立されつつあるようです。
考え方は似ているのですが、表現の仕方がちょっと違うんですよね。

最初、「私のセッションは直感がベースになっているので、テキストで一般化するのは無理では?」と思っていました。

と・こ・ろ・が!
やってみれば、できるもんですね。
以前、予備校で小論文のテキストを作った経験が、こんなところで生きるとは!
人生、無駄なしです。

そんなわけで。
昨日、佐田センセと話し合い、養成講座では、「佐田式」と「ハーモニー式」と二つの内容を取り入れることになりました。

養成講座も、「アファメーション作成」だけではなく、もっと広く「心を扱う」という内容になりそうです。
テーマは・・・。
ゼロ思考。

今度の佐田センセの新刊もこれがテーマです。
(当初は、佐田式アファメーションに特化した内容になる予定でした。でも、本当の意味で使いこなすには、背景にある「ゼロ思考」を理解する必要があるので、その深さをお伝えするために、そうなりました。)

もともと、アファメーションは、佐田センセのコンテンツのごくごく一部でしかありません。
そして、瞑想も、ごく一部でしかありません。

佐田センセの探求する世界を一言で表現したものが「ゼロ思考」なのでは?と思います。

佐田式アファメーションを本当の意味で理解するには、考え方のベースになっている「ゼロ思考」を理解する必要があります。

昨日、出版社にお供して、編集長とライターさんとの話し合いの場に参加しましたが、改めて「深いな~」と思いました。
新刊は、「ゼロ思考」の世界を体系的に伝える内容になりそうです。

プラスでもなくマイナスでもない。
心の「抵抗」を潜り抜ける、利用する。
巷で信じられていることは、本当は抑圧を生み出す!?
なかなかに挑戦的な内容になりそうです。

ということで。
養成講座では、まず背景のゼロ思考を理解して、その一環に「佐田式アファメーション」があり、瞑想があり、それをベースにした「ハーモニー式カウンセリング法」がある、ということをお伝えすることになりそうです。

この盛りだくさんの内容を、どうテキスト化するのか?
ワクワクしてきました。




コメントの投稿

非公開コメント

ハーモニー式が確立されてきているのですねv-10
最初は誰かのを借りてても数をこなせばこなすほど自分のものになってきますもんねv-238

「質問力」これってすっごく大切だと思いますv-237
私は裏稼業でカウンセリング手法を習わせてもらってたこともあって、今それがシータに生かされてる気がするんですよ。

セミナーの濃さもどんどん変わっていっていいんですよね。
だって進化していってるんだからv-91
クライアントさんのおかげでもありますねv-254

質問力

質問力って、受け手側に問題があるんだと思ってました。
今まで自分が受けたセッションの中には、こちらの準備が出来てないから答えが来ないと云う回答や…質問の仕方が悪い的な事をおっしゃるヒーラーもいました。 でも! 迷って解らなくて聴きに来てるクライアントに、質問の仕方が悪いから…みたいなのって違うと思ってたんですよ!!
私自身は、クライアントに納得の想いを持っていだ抱けないと、こちらの力不足が悔しかったです~f^^;
ハーモニーさんのお言葉には納得です。ありがとうございます。 
テキスト完成、応援&お待ちしております。

◆yammyさん
こんばんは!先ほど、リンクさせていただきました。

ほんと、クライアントさんのおかげで、ここまで来れたと思います!
難しい事例は、私を鍛えてくれました。ありがたいことです。

やっぱり質問力は大事ですよね。カウンセリングの質を高くするし、気づきやすくなりますしね。
これは今後も研究し続けたいです☆

◆jinneeさん
質問力は受け手ではなく、質問する側の問題のように思います。
相手の状況を把握したうえで、的確な質問ができれば、相手も受け入れてくれますしね・・・。
何より、クライアントさんの納得度が全然違いますよね~。

私も「質問力」に関しては、日々勉強だな~と思っています。工夫のしがいがあるし、面白いです!

いつも応援ありがとうございます☆