スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済危機とアセンション【佐田式アファメーションの使い方(1)】

2009年04月17日 22:12
先日、珠帆さん主催のお金のセミナーに行ってきました。
講師の博之さんは、2日目に本格的な内容を話されました。

で、思いました。
これは「お金のセミナー」ではないと!
今を生きている皆に関わる「地球の未来」についての内容だと。

お金をどう増やすか、というのは、単なる入り口にすぎなかったのです。
その後、どうするのか?

私は、地球に住む全ての命あるものを「資源」と考え、それをどうやって最善に生かすのか?という話だと捉えました。
経済危機だと言われていますが、基本に立ち返って、お金の本来の意味を考え直す時期なのかもしれませんね。

経済のルーツを遡ると、もともとは物々交換だったわけです。
その頃の「交換」には、シンプルな意味しかなかったように思います。
地球の生態系の一部である人間が、生きるための衣食住を整える環境を手に入れるというシンプルな構造。

そして、物々交換の不都合を解決するために、貨幣が誕生しました。
しかし、近代文明は、便利さと引き換えに、どんどんお金の意味を複雑化させてしまったようです。

物々交換の時代は、「その日をどう生きるか」に焦点が当たっていたことでしょう。
人間が、大自然のサイクルの中で「生かされている」ということが、ごく当たり前だった時代。

それが、近代化の流れで薄まっていったのです。
そして、環境破壊、経済危機。命を粗末に扱う時代。
人間は従来の価値観からの転換を余儀なくされていると思います。

これが、私の中で理解している「アセンション」です。
私は、オカルトチックなことにはあまり興味を持てない性格なので(笑)、アセンションに対して巷で言われている「~次元の世界が来る」という説明には「ふ~ん、そんなこともあるんだ」としか思えません。

ですが、実は同じことを違う角度から見ているだけだと思っているのです。
ただし、一部を拡大鏡で見てしまっていて、更にそれを別の人が拡大鏡で見てしまっている場合があるように思います。

けれども、それに異議を唱える人、賛同する人、それらを大きな視点で見ると、やはりそのこと自体も実はアセンションの一要素なのかもしれません。

佐田センセの『すべてはうまくいっている』の中で、私が一番好きで、真理だと思うのが、このフレーズです。
「個の意識はときに不調和を生みます。しかし、全体は常に調和を保とうとして反対のものを生み出します。個は振り子のように不調和を生じてはまた調和することを繰り返し、やがて中庸に落ち着いてきます。」

ある人は経済危機から価値観の転換をはかるかもしれない。
ある人は環境問題から価値観の転換をはかるかもしれない。
ある人は世間の価値観から脱却して自分の好きなことをするようになるかもしれない。
ある人は地球のエネルギーが変わるのを感じるかもしれない。
ある人は自給自足の生活を始めるかもしれない。

人間が、従来縛られていた価値観から解放され、より本質的に、よりシンプルに、より直感を研ぎ澄ませるようになっていく。

それらの動きを全体として捉えると、それがきっとアセンションなのではないか、と思うわけです。
だから、2012年の12月にいきなり何かが起きる、なんてこともないと思うのです。
その動きはもう既に始まっているのです。
振り子はもう既に大きく両側に振れているのです。

私は執筆した電子書籍のあとがきで、こう書きました。

「宇宙の法則」を一言で表現するならば、「自分の本質に近づきながら、大いなる流れに統合する道のり」といえるでしょう。自分の波動を上げる過程で様々なことを学び、願望を達成しながら、より自分の核心に迫っていくのです。それは、心の中から余分なものをどんどん取っていき、よりシンプルになる旅ともいえます。自分の本質を知るとは、自分の活かし方を知るということです。

今読み返しても、この部分は、やはりそうだと思うのです。
(いや、甘い部分も多々あり、近いうちに改訂したいのですが)

「心の中から余分なものをとっていく」というのは、色々な事に対して当てはまりますが、地球規模で考えると、それはアセンションなのだと思うのです。
というか、地球の構成員である人間が、個人レベルで自分の心と向き合うことがアセンションで、それらの総体が地球のアセンションなのかと。

講師の博之さんのお話を聞きながら、私は、自分の生かし方を知る、というのが「幸せ」の原点になると再確認しました。
まずはそこから始まり、その延長線上に「共生の道」があると思いました。

素晴らしいと思いました。

でもですね。
でもですね。


ここで壁にぶちあたります。


そこで、佐田式アファメーションが登場するわけです(笑)

続く・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。