スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【緊急事態】「のぐそ」を考察するセミナー

2009年02月19日 23:55
緊急事態発生です!!


あの衝撃的なキーワード

「兄貴のお尻ペンペンが一番嫌」

を超える「言霊」が、産みの苦しみを経て、たった今、この世に誕生しようとしています!
(意味がわからない方は、コチラの記事の最後を!)

今週の土曜日、札幌変態チックな衝撃的なセミナーが開催されることになりました。


その名も!
        

           「のぐそ」を考察するセミナー
                in 札幌 ~冬物語~  

かつて、これほどまでに衝撃的な名前のセミナーがあったでしょうか。

香ばしい芳香を放ち。
見る者の鼻を揺さ振り。
あなたに生きる意味を問いかける。


講師は、ご存知、北海道スピリチュアル界の女王
珠帆美汐さん。

             使命を果たすとは何か

珠帆美汐があなたに全身全霊で問いかける
渾身のセミナー。

このセミナーは、本来予定されていた「ビジョン明確セミナー」が急遽変更になったものです。
今、珠帆さんにとって、一番熱いテーマは「キノコ」。

「キノコを通して巡るいのちと魂のコードを考える」
これが、珠帆さんがテーマを変更してでも伝えたいことだそうです!

参考文献として挙げられているのは、珠帆さんにとってのバイブル
『くう・ねる・のぐそ 自然に「愛」のお返しを』
(伊沢正名/山と溪谷社)

しかし、なぜ、今、キノコなのか!?
その背景には、絶望の淵から這い上がった奇跡の物語が秘められていたのです。

今から遡ること16年前。
結婚して、田舎の赤井川村に来たとき、珠帆さんは、希望を失いかけたといいます。
今まで好きだった物から切り離された世界。

本もない。
友達もいない。
路地裏もない。

そんな珠帆さんの心の支えになったのが「キノコの写真集」。
写真家の名前は、伊沢正名。

ここまで、命あるものに愛情を持って接する写真家がいるのだろうか。
めくるめく、キノコの世界。
珠帆さんは、朝から晩までキノコの写真に心を奪われていたそうです。

地球の分解者としてのキノコ。
キノコなど自然界の分解者が、死骸や糞などを引き受け、腐敗させ分解することで、生命エネルギーを循環させ健全で豊かな森の維持を請け負っている。(珠帆さんのmixi日記より引用)

この世に必要のないものなんてない。
あなたには、あなたの使命がある。
あなたらしさを生かしてほしい。
たとえ「のぐそ」であっても。
命あるものは、土に還り、循環を通じて、やがて新しい命として生まれ変わる。

この時、培われた哲学は、やがて現在のスピリチュアル・コーチとしての「あり方」の原点となります。

珠帆さんのサイトのトップには、こう書かれています。

~あなたがあなたとして生まれてきたことにはきっと意味があるはず
自分を殺すことで、ではなく、自分を生かしきることで
人の役に立つことがきっとできるはず
夢を叶えたい!自分らしく生きて社会に貢献したい!
そんなあなたの手助けをします!

あなたがあなたらしく輝くことは、周囲を明るく照らすでしょう。
あなたも社会に光をもたらす人(ライトワーカー)なのです。~


これは、その当時の、のぐそへの想いを表現したものに違いありません!!

あれから16年。

珠帆さんは、素晴らしいスピリチュアル・コーチへ。
そして、珠帆さんを救った写真家・伊沢正名氏は、新たなる境地へ。
それが、参考文献となる『くう・ねる・のぐそ

彼は自称「糞土師(フンドシ)」

「野糞をはじめて35年」の伊沢氏。
「21世紀になってから一度もトイレで排便をしていない」伊沢氏。
その伊沢氏が、その哲学を語る『くう・ねる・のぐそ

今年1月、伊沢氏のこの新刊が、mixiニュースになったとき、珠帆さんの体に電流が走りました。
「こんなにも、自然を、命あるものを愛しく思う写真家は、あのキノコの写真集の人に違いない!」

ワナワナと震える魂。
急いで、本棚に駆け寄り、キノコ写真家の名前を確認する珠帆さん。

                 YES!!

16年前の熱い想いが体に蘇ります。
「今の私なら、伊沢さんの世界を人に伝えられる」

             成長した私を見て!

そんな思いで、開催される今回のセミナー。

          あなたは真のエコロジストなのか!?

あなたの生き方が問われるセミナーです。

詳細は以下です。
参加費は、「できるだけ多くの人に伝えたい!」という思いから
激安の1000円です。



◎前半「めぐるいのち」の立役者、分解者としてのキノコを考える
・キノコは地球のセラピスト
・いのちは綿々と姿を変えて地球を巡っている
・死とか老いとか腐るって、とっても大切なこと
・「めぐるいのち」を描いた絵本の読み聞かせワーク

◎後半「魂のコード」としてのキノコを考える
・参考文献「くう・ねる・のぐそについて
・作者の伊沢正名さんについて
・「好きこそものの上手なれ」「三つ子の魂百まで」自分が惹かれるもの、
夢中になるものの中にこそ、使命(天命)は潜んでいる
・あなたの「魂のコード」を探るワーク


■日時:2月21日(土)13時~16時
■参加費:1000円
■場所:札幌市生涯学習総合センター ちえりあ  研修室4
   〒063-0051 札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10
   TEL:011-671-2200(代表)
    地下鉄 東西線 宮の沢駅直結
 ※アクセスはこちら↓
 http://chieria.slp.or.jp/center_info/access.htm  

■お申し込み・問い合わせ先:地崎とも子まで
メール: je-suis-tomoko@nifty.com

メールの件名を「キノコセミナー 申し込み」
とし、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎ キノコセミナー に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
 お申し込みの動機:
================================================


■講師:スピリチュアルコーチ 珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/


コメントの投稿

非公開コメント

は・・・ハーモニーさん・・・(感涙した方が良いのか爆笑した方がいいのかしばし迷いつつ)

こんなにも熱い紹介文を・・・(感涙?爆笑?・・・まだ迷いつつ)

いやしかし、事実なのがまたニクイ。
そうなんです、私を救ってくれたキノコ写真家の"のぐその世界"を熱く語っちゃうセミナーなんです(汗)
こんな風に書けばよかったのか?!的な参考にもなりつつ、感謝!!
ありがとう!!!

あの時に熱く語られていたあれが…!

おお~ヽ(^o^)丿

とても熱い告知文が!!!

まるでたまちゃんの熱さを代弁するかのように
なりきっているのがスゴイです☆

これもチャネリング効果(笑)

とても楽しくてゲラゲラ笑いました(^○^)

いつもセラサポで地団駄ふんで語られてるあれが…!

たとえ実在しないセミナーだとしても、はもにさんの紹介文だけで笑えるじゃありませんか。

しかし、のぐセミは実在するのでありますね。YES!!!

我を呼ぶ

聞き
ススキで
尻を切る

何回読んでも笑えます!!
この告知文を私のミクシィやブログに逆輸入させてもらってもいでしょうか?

ハーモニーさん、凄いっ!
凄すぎますっ!!
感動と笑いの渦が。。。

◆たまちゃん
書いている私が爆笑しながら書いていました(笑)。
腹グロな私としては、美味しいネタです!
たまちゃんも、もっとこのネタをmixiで書けばいいのに・・・なんて思いました。限定公開なんてもったいなさすぎ~!

◆サトミさん
サトミさんも、やはり熱く語られたのですね!

◆maririkaさん
はい、たぶん、たまちゃんにチャネリングしてたと思います。
たまちゃんの興奮・胸の鼓動を感じながら書いていましたもの(笑)
特に、本棚に駆け寄り、「やっぱりあの写真の人だ!」と確認したときは、気分がMAXに盛り上がり、放心状態になりました(汗)

◆水緒さん
たまちゃんは、地団駄踏んで語っているのですね!?
目に浮かびます。飲み会の時も、ディープな世界に浸って、興奮して語ってました・・・(遠い目)

◆佐田センセ
そ、そのシチュエーションは・・・。

◆たまちゃん
えぇ・・・いつでも使ってください!ていうか、絶対今度、野外学習セミナーをしてください。
その時の告知文に使ってください(爆)

◆rikaさん
爆笑していただけましたか!?
この記事は、一見ふざけているようでいて、実はかなり深遠な世界を描いています(爆)
それを読み取って「感動」されたrikaさんは素晴らしいです(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。