スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定の人をイメージングするのはタブー? ①

2007年04月06日 05:20
幸せになる!【潜在意識活用】宇宙の法則のハーモニーです
今日の記事は4月5日の、さくらさんからの質問への返事です。
質問は「潜在意識活用では、特定の人をイメージするのはタブーと言われていますが、片思いはどうでしょうか?」という内容です。

~ここから~
さくらさん、コメントありがとうございます。
確かに、一般に潜在意識活用では、特定の人をイメージするのはタブーとされていますよね。

「自分にとってふさわしい相手が引き寄せられるように」
ならOKと言われています。
この理屈はもっともだとは思います。
極端な話、手の届かない芸能人と付き合いたい、
と願っても、芸能人に近い立場にいない限り、叶うとは思えません。

また仮に、2人の人が同じ女性を好きになり、
2人とも真剣に潜在意識活用したとしても、
彼女の心を射止めるのは1人だけです。
そう考えると、潜在意識にも限界があるのは確かです。

では、やはり特定の人と結ばれることを願うのは難しいのか!?
これは、片思いの状況と自分の行動次第だと思います。

全く話したこともないのであれば、
まず友達になることから始めるべきだと思います。
それを全くせずに、ただただ潜在意識で付き合うことをイメージングしたとしても、それは単なる現実逃避であり、下手するとストーカーに近い妄想になるかもしれません。

私が好きな言葉があります。
私はセラピスト石井裕之さんのCDを持っていますが、
その中に「運命は出会いまで」という言葉があります。

これはどういうことかというと、
潜在意識がやってくれるのは「出会い」まで。
それをどう生かすか殺すかは、自分次第という意味です。

例えば、好きな人と道でバッタリ会う、こういうチャンス作りは潜在意識がやってくれます。でも、そこで声をかけなければ、せっかくの潜在意識の働きを無にするのです。

ですから、特定の人と結ばれるためには、
必須の条件があり
①潜在意識の活用、②現実に考え動くこと、だと思っています。
簡単に言うと、感性+理性といったところです。

②の現実に考え、動くこととは、
心理を勉強する、相手の性格をきちんと見極める、そして何より自分を知ること、を全部した上で、最後の「行動」という勇気を持てるかだと思います。

もっとも、この行動にはタイミングがあります。
相手との距離をきちんと確かめながらやっていかないと、
相手だって逃げると思います。
そういう適度なタイミングが来るように持っていくのが
潜在意識の活用だと思っています。

長くなりましたが、私はこんな風に考えています。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。