スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライアントさんのご感想(6)15年会っていない父を想う

2008年10月03日 07:11
潜在意識活用【願望達成法】幸せの法則のハーモニーです

昨日の記事にしたクライアントさん。
実は、1ヶ月前にも、電話でセッションをしています。

その時に、まざまざと見せ付けられたのは、「父親との関係が、ここまで人生に影響を及ぼすのか」という現実です。

この方にとっての目の前の問題は、「結婚を間近に控えているが、事情があり別居せざるを得ない」ということでした。

しかし、どんな場合であっても、目の前の問題は、心の奥深くにある信念体系を探っていく入り口にすぎません。

現実は、全て心の投影なのです。
(実はこの方の場合、投影とは別に、“自殺した人の想念”も関っていて、それが余計に関係を複雑化させていました、余談ですが、「投影」と「想念」は別問題です。これを混ぜて考えてしまうと、本質が見えなくなると思っています。)

目の前の問題をきっかけに、この方の心の深い部分に入っていくと、「お父さんから受けた傷」というのが、すべての現実を引き寄せているようにみえました。
(あくまでも、私の主観で「みえた」というだけです。ここで断定すると、思い込みを排除できなくなります。アファメーションを作成するうえで、主観と客観を区別しないとよいものは作れません)

お父さんから受けた精神的虐待をきっかけに、この方は、「結婚するなら、子供を大事にする人がいい」という思いを強くしていきました。

そうして、一度目の結婚をしたものの、実は、旦那さんはお父さんと似たタイプだったと判明。
後に離婚することになります。

そして、二度目の結婚のお相手は、まさに「子供を大事にする人」。
でも、そのことが、この方を苦しめることになります。
血のつながっていない子供を大事に育てる旦那さんに、段々と苛立つことも・・・。

それが、結婚したものの、別居という形になります。

でも。
全てはこの方の思いが引き寄せているのだと思いました。
願いが完璧に叶っていました。

だって、「子供を大事にする人と結婚する」というのが願いだったのですから。

(もっとも、セッションをしてみて、この旦那さんには、子供を大事にしなければいけない、という信念体系があるようにみえ、そのことが旦那さんの本音を抑圧させ、ネガティブを見ないようにするという心の癖を創り出しているようにみえました。
まさに、クライアントさんとの関係では、互いが引き合っているといえるでしょう。)


ところで、一度目の離婚のお話をお聞きして、お父さんが本心で精神的虐待をしていたのか?というところで疑問がわきました。
離婚したお相手が、子供を大事にしなかった理由と、全く同じ理由で、お父さんがクライアントさんに冷たく当たったとすれば、違った見方をすることができるのです。

離婚相手は、お父さんの本音を気づかせる存在だったかもしれない。
ともいえるでしょう。
(ここでも断定はできません。あくまでも主観なのです。ここが、「心の投影」の部分です)

さて、セッションを通じて、お父さんへ違った視点を持つことができるようになったクライアントさん。
セッションの終わった夜、お父さんのことを思い出し、泣いたとメールをくださいました。

そのメールをご紹介します。

・・・いただいたメール・・・・・・

ハーモニー様
 
夜中に失礼いたします。
どなたかの感想にもありましたが、眠れません(笑)
 
眠れず、ボーッとしてると、今までなかった父親の笑顔が浮かんできて、涙が勝手に出てきました。
父親とは15年くらい前に会ったのを最後に音信不通なのに、笑顔なんてわたしに見せたことなかったのに、不思議です。
 
ちなみに、ハーモニーさんのセッション後、彼の父方の実家が近所なため、お墓もすぐ側にあるのですが、急に思い立ち、子供達と彼の祖父母のお墓参りに行ってきました。

お盆から手付かずだったようで、散々な状態でしたが、3人で掃除をして、お花を供えて、お参りして、清々しい気分でした。
わたしもハーモニーさんと一緒で、思い立ったらすぐ行動に移すタイプなんです。
 
今日は本当に色んな意味で不思議な感覚の1日でした。
本当に父親に対してどういった感情も湧かなかったのに、会うのが怖いくらい、むしろ大好きなんじゃないか?と思うようになりました。

初めて彼の家に行った時、彼が母親に泣きながら、「今まで自分のせいで、苦しめて、迷惑かけて、本当に親不孝だったけど、お袋に産まれてくる子を抱いてほしい…。」と言った気持ち、その時は「内孫を抱くのが夢だった、お母さんをこんな風にさせたのはアンタだよ。」と、思いましたが、今は涙ながら懇願した彼の思い、わかる気がします。

わたしも父親に写真でいいから、なんにも感じてもらえなくていいから、返事やお金などの見返りを求めず、孫を見せたいなと思うので…。


あんなに嫌いだったお父さんの笑顔を思い出して、涙がとまらなくなったのですね。
先日のセッションでも話されていましたが、やはりこの方は、お父さんと会いたいのだな・・・と思いました。

そして、孫を合わせたい。でも、受け入れてもらえるのか不安。私を精神虐待したのと同じように、私の子供を扱うならば、会わせたくない。
これが本心なのです。

その認める気持ちを、そのままアファメーションに組み込みました。

この方の場合、取り巻く人間関係が複雑だったので、本来、家系のデトックスは二本立てで行った方がよかったかもしれません。
「お父さんとの関係」と「旦那さんを取り巻く人間関係」の二つを丁寧に拾っていった方が、潜在意識下で深く腑に落ちることができたと思います。

しかし、1回のセッションでは、そこまでは行けず、2回目の対面セッションになりました。
1回目のセッションでは、主に「お父さんとの関係」をメインにしましたが、2回目は「旦那さんを取り巻く人間関係」をメインに行いました。

これで、やっと人生の俯瞰図を捉えられたように思います。
そして、クライアントさん自身が、客観的に自分の人生を振り返ることができた。それが、セッション直後のシンクロにつながったのだと思います。

人よりも苦労されてきたこの方の、前向きに進もうとする生命パワーには、本当に圧倒されます。
私の予感ですが、もうじき、お父さんとの再会が実現すると思います。

今の自分を創ってきた影響を受け入れたとき、現実は変わり始めるからです。

再び結ばれようとしている「縁」が、見えないところで静かに手繰り寄せあっている、ゆっくりと、しかし確実に・・・。
まだ断片しか見えていない欠片を寄せ集めてみた時、実は水面下ですべて繋がっていたということに気づく。その気配を、私は感じるのです。

苦しいときに、吐き出した心の傷の破片。お父さんの心の叫び。
でも、それを丁寧に拾い集めてみると、実は、全て「愛」が出所だったと気づく。

硬いガラスのように見えた破片は、繋いでみると無数の糸で織られた物語だったと気づくのかもしれません。
それはもしかしたら、世代で受け継いできた想いの結集かもしれません。

ただただ、わかってほしかった。行き違いになっていた想いが、今やっと、わかりあえる。
なんだかそんな気がするのです。

そして、この方は来年の3月に、新しい命を誕生させます。
新しい糸が加わって、また物語は紡がれていくのでしょう。


コメントの投稿

非公開コメント

ハーモニーさん!こんにちは、たびたびお世話になっているオオイシです!
いつも楽しくブログ見させていただいてます!
この方のさまざまな複雑な事情を聞いて、心の奥にある思いって現実に投影されるのですね!改めて実感させられました!
僕もアフォメーションのセッションを受けとてもいい体験ができ、ハーモニーさんに出会って救われた1人です!
僕も今の現実をちゃんと受け入れるていこうと思っています!
これからも、ぜひ多くの人を導いてあげてくださいね!いつかお会いできたらと思っています!よろしく!

オオイシさん
おはようございます!
初コメントありがとうございます。
(メールのお返事書けていなくてすみませんv-356でも、ちゃんと読んでいますよ~)

あらゆる経験が、心の奥深い部分に影響を与え、それが現実に投影として現れるのですね。

オオイシさんからいただいた感想も是非掲載したいのですが、妙に絶賛されすぎで、実は掲載するのは気がひけています(笑)。
でも、せっかく書いてくださったのですから、今度勇気を持って(笑)記事にしたいと思います。

ほんと、今度お会いしたいですね。
ブログも頑張っておられるようですね。そのままで「本質」なのですから、その部分を拡大させるイメージで十分ですよ~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。