スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐田弘幸さんと一緒にメルマガ発行します~募集!~

2008年05月11日 00:00
潜在意識活用【願望達成法】幸せの法則のハーモニーです

 解決します!

あなたの心の悩み・疑問はisikimeisou#yahoo.co.jpまで!


瞑想家で作家の佐田弘幸さんと一緒にメルマガを創刊することになりました。

公式に一緒にやっていく作業の第一弾になります。あっ、でも私の電子書籍に原稿を書いてくださったので、第二弾ですね!

佐田弘幸さんについては、何度も記事で取り上げていますが、一言で表現すると「願望実現のプロ」です。他にも「超異次元の方」とか(笑)、「オモロいアニキ」など、色々と形容する言葉があります。
今まで表にはあまり出てこなかった方ですが、知る人ぞ知るお方です。

出版業界でも処女作『すべてはうまくいっている』の大ファンの方はかなり多いようです。私は今年の2月に初めて手にしましたが(絶版になっているので中古で手に入れました)、12年経った今も尚、新しい内容であり、普遍的な真理について書かれていることに驚愕しました。

佐田さんは瞑想教室で15年間丁寧に指導されてきました。瞑想教室の宣伝も特にするわけでもなく(笑)、裏で密かに活躍されていたのです。

しかし、私がブログで宣伝したせいか、今年の4月以降、やたらと新規の方が通われるようになり、「水曜日はもう募集締め切りにしないとアカン」とおっしゃっていました・・。他の曜日はまだ募集しているようなので、興味のある方はお早めに☆

なぜ募集締め切りにするのか?というと、少人数で丁寧に指導することに徹底的にこだわっておられるからです。職人気質なのです。

その指導経験から、新しいテクニックを次々と開発し、「そろそろ研究の成果を世に発表したい」「発表するように、お尻を叩いてくれる人がほしい」と思っていた矢先に、私との縁ができたのです。

今回の電子書籍にもその成果の一部を書いてくださいました。また、佐田流のアファメーションの作り方を電子書籍に掲載することを許可してくださいました。

私は以前から瞑想教室での指導方法に、とても興味がありました。4月から通われた私のブログ読者さんが、シンクロの波に乗っていることは前回の記事にも書きました。
瞑想教室に通えない人のためにも、「ブログ更新して情報を発信してくださいよ~」とお願いしていたのですが、なかなか・・・。
私の苦悩ぶりはコチラで赤裸々に・・・。

私のブログ読者さんからも「なぜ、佐田さんはブログを更新しないんですか?ハーモニーさんからもお願いしてください」とメールが届いたり・・。

1通や2通ではないんです。
でもね、私に言われても困ります・・・。

だって。
だって。
だってね・・・。

    アニキ、超面倒くさがりなんですもの(爆)


でも、その面倒くさがりの性格を変えることなく(←ここポイント!願望実現の秘訣です)、今までの研究成果を世に出すパートナーが欲しい!と瞑想中に祈って現れたのが私なんです。

たぶん、佐田さんの強力な願望実現パワーに影響されたんでしょうね。
「もぉ!こうなったら一緒にメルマガを発行して、原稿を書かなければいけない状況を作るしかない!」と、メルマガを一緒に書いていくことを思いつきました。



     予定では、7月頃に創刊します

そこで、皆さんからの質問などを募集したいと思います。
「こういうのを取り上げてほしい」「巷の本のここがわからない」などなど・・・。性の問題もOKです。というか、佐田さんの密かな得意分野です(笑)。佐田さんはカウンセリングもされている方なので、どんな問題もOKです!

直接のお返事はできませんが、メルマガで可能な限り取り上げていくと思います。

また、6月に佐田さんと直接お会いして対談をしますので、会話を文字に起こして、レポートにする予定でいます。ポッドキャストで会話をそのまま発信するかもしれません!?

皆さんの声を最大限に取り入れたいと思っていますので、是非メールをください!宜しくお願いいたします。
悩み相談の場合、そのまま掲載されることもありますことをご了承ください。「ここはカットして掲載してほしい」・匿名希望・ニックネームなどのご希望があればお伝えください。

アドレス:isikimeisou@yahoo.co.jp

佐田さんは、創作意欲に燃えておられるようで、今後はどんどん本を執筆していきたい!とおっしゃっていましたので、期待していてくださいね!
「佐田さんのお尻叩き役」としての私の使命も果たしたいと思います。
鬼コーチ・ハーモニーの誕生です(笑)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。