スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐田弘幸さん方式はなぜ即効性があるのか?④

2008年04月24日 00:00
潜在意識活用【願望達成法】幸せの法則のハーモニーです

前回までは、基本の理論をご説明しました。今回は、具体的に理論にあてはめてみます。

・・・第3回・・・・・・・・・

今回のmasaeさんの「お金に対する恐怖」をこれに当てはめてみます。

masaeさんの願望は「お金が入ってほしい(仕事が上手くいっている)」です。この願望が強ければ強いほど、力みになり過剰ポテンシャル(エネルギー)になると、振り子の法則は説明します。

-3   -2    -1    0    +1    +2   +3

上の直線でいうと、+3の状態です。

願望が強いということは、その反面「叶わなかったらどうしよう」という不安と戦うことになります。これは、-3の状態です。

masaeさんの今の状態は、+3から-3の状態へ、揺れ動いている状態です。
それも、ひたすらエネルギーを加え続けている状態です。

お金が入ってほしい→でも使うとなくなってしまう→でも欲しい→でも残高がなくなる→でも絶対に入ると信じたい

ほおっておけば、振り子は止まるのに、自分の過剰な不安がエネルギーを与え続けているのです。
振り子は、行ったり来たり・・・・。
いつまでたっても、願望が叶う「0」の地点に落ち着く気配はありません。

<補足>
よく「必ず~したい」「~しなくては、これもしなくては」と口にする方がいますが、度を過ぎると、過剰ポテンシャルになります。今回の佐田弘幸さんの寄稿部分に、性格を二通りに分類した表がありますよね。その右側に当てはまる方は、その傾向が強いかもしれません。
こういう方は、プラス思考に対して、本音では違和感を感じるはずです。本音に気づくことが願望達成の基本です。

★このシリーズは4回で終了し、1日おき、0時に更新いたします。予約投稿しておきました。宜しくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。