FC2ブログ

矢野惣一さんの公開カウンセリング①

2008年04月07日 22:13
潜在意識活用【願望達成法】幸せの法則のハーモニーです

最近めちゃ忙しいので、4月の記事は、ご購入者のご感想などのアップ等で手抜きさせていただこうと(笑)企んでいた私です。
が・・・これは是非とも伝えなければ!と思うことが起こりましたので、予定変更で何回かに分けて記事を書くことにしました。

先週の土曜日、問題解決セラピストの矢野惣一さんの公開カウンセリングを見に行きました。前半は願望達成の講演会で、後半1時間は、公開カウンセリングでした。
矢野先生のサイト→http://www.happysam.jp/

公開カウンセリングは、応募者の中から1名が選ばれ、皆の見ている前でカウンセリングを受けるというものです。
なぜ、皆の前で???

矢野先生によると、クライアントが癒されるのは「私を見てくれる、聞いてくれる、触れてくれる」という3つの条件が揃ったときなんだそうです。
で・・・それが一人ではなく集団で見守ると、「皆が私を見てくれる、聞いてくれる、触れてくれる」という想いになり、更に効果があるとのことでした。

参加者は40人ほどだったのですが、それを生かしたグループワーク・カウンセリングというものをやりました。
これがね・・・・もう、マジで「目からウロコ!!!!!」だったんです。これは是非とも伝えなければ!と思いました。

因みに・・・本当に皆で「触れ」ました!
クライアントの方がイスに座り、皆で体の一部に触れます。人数が多いので、全員はさすがに無理なので、直接触れている人の肩に触れることで、間接的に触れるということをします。そして、矢野先生の誘導で「もう大丈夫だよ。きっとよくなるよ」等のセリフをいくつか、皆で言います。
その間に、既にクライアントの方は泣いていました。

これ、潜在意識と集合的無意識を使った儀式ですよね。さすが、「潜在意識マスター」を自認する矢野先生です。



カウンセリングの内容は守秘義務のため、記事にはできませんので、概要だけお伝えします。

皆の前で矢野先生がカウンセリングしていきますが、普通に話を聞くだけではないのです。まず、クライアントが悩んでいる対象の人に対して不満などぶちまけ、次に、相手の立場になって、クライアントに向かって、不満を言うのです。

一人二役をするんです。で・・・正直、最初は「この人、サクラ?やらせ?」と思うほどでした(爆)。だって、相手の人物になりきって、次から次へとセリフが出てきて、役者顔負けなんです。
(でも、これは本当だったのです。実は、帰りに、偶然にもマックで隣の席になり、その方と友人が会話しているのを聞き取ったからです。クライアントの方は自分でもびっくりしていたようです。)

その後、クライアントのご両親への気持ちを聞き取っていきます。ここで、私は澤谷先生の「絆の法則」を思わずにはいられませんでした。

クライアントの本来の悩みの相手に対する思い・不満は、ご両親との関係につながっているのです。つまり、問題の本質は、クライアントの目の前の問題ではなく、「家族との絆」にあったのです。クライアントが「今悩んでいる」と思っている目の前の問題は、単なる「投影」なんだな・・・と私は思いました。

心理学用語である、この「投影」。カウンセリングに関わらず、願望達成のときにつまづくブロックなどにも共通することだな・・・・と改めて思いました。

続きは、また次回の記事で・・・。
忙しいので、いつアップするかわかりませんけど(笑)