スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

患者の死を予告する猫!?とシンクロ

2007年07月27日 19:00
幸せになる!【潜在意識活用】宇宙の法則のハーモニーです
ヤフーニュースにこんな記事が!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070727-00000106-jij-ent

患者の死を予告する猫がアメリカにいるらしいのです。
毎日、この猫は患者を回診し、患者の横にうずくまった場合
その患者は近いうちに必ず(!)死ぬらしいのです。

ひぃー!!こわっ!!

しかも、死ぬと予告された場合
その患者の家族などが呼ばれ死に向けての準備がなされるそう。

最初、患者がこのことを知っていて、
『猫がうずくまった→自分はもうすぐ死ぬと確信する→生きる気力をなくし死ぬ』というプラシーボ効果かな、と思いましたが
患者はこれを知らないそうです!


これ、れっきとした病院で行われているのが凄いですね!
これが宗教の場所だったらわかるのですが
西洋医学の現場でそんなことが行われているとは・・・。

この猫、きっとユングのいう「集合無意識」とダイレクトにつながる能力があって、予知をしているのでしょうね。

(*集合無意識とは、全ての人の潜在意識は水面下でつながっているという理論です。)

ユングのいう集合無意識とは、人間だけでなく動物もつながっていますので。
というのも、ユングの「集合無意識」は
甲虫と患者の関係性に気づいたことから生まれた理論なんです。
(願望を必ず実現させるセルフトレーニング術より)
こうして、「集合無意識」から更に「シンクロ」という概念が、ユングによって考え出されたわけです。


甲虫から集合無意識→シンクロ、と理論を組み立てたユングって
偉大ですね!!天才は違います。
もっとも、甲虫は「再生」の象徴であり
今回の猫の動きが示す「死」とは正反対でしたが・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。