スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気功①~潜在意識を動かす丹田で呼吸~

2007年07月20日 19:00
幸せになる!【潜在意識活用】宇宙の法則のハーモニーです
瞑想・イメージングの時の「呼吸のポイント」は丹田にあり
と様々な本に書かれています。
私は昔、丹田の感覚をよくわからないでいたのですが、最近本棚から古い本を引っ張り出してみると、丹田を感じるコツが書かれていました。

今日の記事とも関連しますが、やはり「潜在意識を使って願望実現」と「気功」には密接な関連があることを痛感します。

気功の基本も呼吸法であり、丹田を意識することにあります。

丹田を意識することは、気功法の前の準備体操という位置づけです。

頭・心・体が強健になる 朝10分の気功術

この本は10年ほど前に購入して
一時期きちんと実践したのですが
いつの間にか放置になっていました。
知識ばかりたくさんついて、あれこれやってみてしまってました。

しかし、最近、潜在意識と気功の関連性を強く感じ
かなり本格的にやっています。
上記の本は、その基本をきちんと書いているので
ここずっと続けていて効果を感じています。

この本の中で紹介されている「丹田に力を充実させる方法」
をご紹介します。
この本は「超気功法」を提唱していますが
丹田は全ての基本になります。

丹田には、「気」が無尽蔵に蓄えられているのです。
場所は、へその下3~5センチにあります。
この丹田を指先で押さえて、力なく指がズクズク入ってしまう人は、気が抜けているそうです。
イメージングの時に少し意識してみると良いです。




さて、具体的方法ですが、
①仰向けになって寝る

②片足を少し持ち上げて、足の親指と人差し指を、数十回こすり合わせる。

③疲れたら足を交替させ、同様に行う。

④この体操中、丹田に自然と力が入り、下腹部が硬くなっているのがわかります。これがポイントです。

この運動の良い点は、数分やっただけで、何キロを歩いたのと同じ運動量になる上、自律神経失調症を克服できる点です。

私もここ最近、丹田をかなり意識して瞑想していますが、すごく気分が落ち着き、以前よりもずっと集中できるようになりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。