FC2ブログ

イメージング⑧~潜在意識に確実に刻印する~

2007年07月13日 19:00
幸せになる!【潜在意識活用】宇宙の法則のハーモニーです
最近、以前買った
脳と心の洗い方~「なりたい自分」になれるプライミングの技術~
脳と心の洗い方~「なりたい自分」になれるプライミングの技術~
をもう一度読んでいます。

イメージングに応用できる情報が書いてありました!
因みに、著者の苫米地さんはオウム信者の洗脳を解いた脳科学者です。



以前の記事で、イメージングの質をよくするためには、
①クレンジング
②体をリラックスさせる(呼吸法や自律神経法など)
③イメージングをリアルに感じる

の3つの要素を上げました。
①と②が重要で、③はイメージが苦手でも問題ないと書きました。

今回は、イメージが苦手でもより感情をリアルに感じる方法を
苫米地さんの本をヒントに書いてみたいと思います。
私も実際にやってみて、かなり効果がありました。

苫米地さんは「記憶のパレット訓練法」というのを提案しています。
過去の気持ちよかった経験(成功体験など)を絵の具のように考え
パレットに配置していく方法です。

これは、なるほどな~と思うとともに
実は私も似たようなことをやっていたこと気づきました。

以前のヒーリングレポートの記事で、蹟見冠さん方式のイメージングをやった時の今までの原稿が本に挟まっていた、と書きました。
それを今読み返してみると
かなりパレット訓練法に近いことをやっていたのでした。




苫米地さんの本をヒントに瞑想用にアレンジした方法は
以下の通りです。
苫米地さんの内容と同じわけではないので
元を知りたい方は本を参考にしてみてください。
応用の幅が広い知識がたくさんです!

①何の目標かを明確にする。例えば「復縁」にしたとします。

②お付き合いしていた時で、嬉しかったこと、感動したこと、を書き出します。3つくらいが目安です。付き合い始めのドキドキ感、とかとにかく感情を伴う良い経験を書きだします。

③②を誘導文として録音します(以前記事にした蹟見冠さん方式で)。
具体的には、体をリラックスして手足が重くなった後、です。
誘導文の例は、「~~を思い出してください。
その時の感情を思い出してください」というように
一つずつ丁寧にです。

④ここが重要なのですが、3つ言ったあと
「では、その3つの感情を混ぜてください」と誘導します。感情を混ぜるのです!!
これはなかなか思いつかないですが、苫米地さんはさすがです!

私は、3つをいっぺんに混ぜず
一つずつ混ぜていく方法をとっています。
「一つ目の思い出の感情に、二つ目の感情を混ぜてください」
とどんどん足していく方式です。これは好みでよいと思います。

⑤さあ重要な仕上げです!
この混ぜた感情の上に、自分の願望を重ねていくのです。

具体的には、「では、この3つを混ぜ合わせた感情の上に、更に~~が叶ったときのことを思い描いてください。そしてその感情を混ぜてください」というのです。

これは・・・上手くいったら
かなりリアルに感情の高ぶりを体験できます。

潜在意識に刻印するには、「感情」が重要なのですから、この方法なら間違いなく感動的な感情、願いが叶った感情をリアルに経験できます。

これを毎日続けることで
無意識はまるで記憶のように認識できるようになるそうです!
楽しみですね。
そうすると
月曜日に書いた「Fake It!」を楽々とできるような気がします。