スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のメソッドは進化し続けます&25日まで無料立ち読みできます

2013年02月22日 19:27
来週のAmaozonキャンペーンを控え、準備に追われています。
なぜなら「前代未聞」の特典がつくからです!

1冊でも購入された方には、「養成講座の核の部分」をいきなり無料プレゼントしてしまいます(笑)
12日に開催された「無料質問会」を録画したものを、すべてプレゼント!

約2時間弱を、3ブロックに分け、すべてプレゼントしてしまいます。

本ではどうしても表現しきれない「感覚的なもの」をお伝えすることが目的です。

録画は、養成講座卒業生で何度もアシスタントをしていただいている、ポニー伊藤こと伊藤理恵さんなのですが、録画しながら鳥肌が止まらなかったそうです。

「これ、無料で話してしまっていんですか?」

驚いていました。

また、別の養成講座生さんに、内容をお話しすると、ものすごく複雑な声を出されていました(笑)。
「私、ものすごく高額な講座代金を払ったのですが、その核の部分を無料で提供されると・・・」

気持ちはわかります。
ですが、養成講座の方ならわかると思いますが、私のメソッドは「知識」ではないのです。
「あり方」「人と交流することによる空気を感じ、それを言葉にすること」
「どのように信頼関係を築く言葉を使うのか」

だから、どんなにワークの練習をしても、そこは身につかないと断言してしまっているほどです。

日常をどれだけ丁寧に生きるか。
その内面が、自分の軸になり、そのエネルギーがクライエントさんのエネルギーと共鳴したとき、信頼関係ができ、結果がでやすくなるのです。

そして。
私には確信していることがあります。

本の一番最後にも書きましたが
「人は必ず、自分だけの魔法の言葉を持っている」
これです。

だから、この世に存在している人の数だけ、魔法の言葉の作成法が違うし、その人の成長過程によっても、魔法の言葉の作成法が違います。

つまり、メソッドは、この世に存在している人の数×無限大あるといってもいいくらいです(ちょっと大げさですが)
実際、質問に答えながら、私には新しいワークのアイディアがいくつも沸いてきました。
私にとって、メソッドというのは、進化し続けるもので、無限のものなのです。
(養成講座も、4月の1期、と10月の5期以降は、内容が結構変わっています)

私の養成講座では、決して「パターン分け」というような知識重視のワークは一切しません。

「目の前の人の心の抵抗を読み取る」

それだけです。
関係性のエネルギーを読み取る感性を、日常でつけてもらうことがテーマなのです。

だから、無料質問会で、質問された数だけ、メソッドがその場で生まれるようなものなのです。
「定型化しない」
「定型化するほどに、本質を見逃す」


これが私の持論です。
ロジックではなく感性を大事にする。
その一方で「感じたことを言葉に転換する」左脳的なことも扱います。

右脳と左脳の統合。

これを貫いたからこそ、私の養成講座生の方は、短期間で信じられないほど変化を遂げます。
皆さんの個性を生かしたまま、才能を発揮できるということが可能になります。

正解がない世界の中で、自分を信頼し、相手を信頼する、その中で自分軸をつくっていく。
これが私のメソッドの核の部分です。

  ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

今回の処女作では、その核の部分を身につける「最初の一歩」の方法を詳細に書きました。
その内容の一部を、25日23:59まで公開しています。

新人としては異例の、初版で8000部出させていただきました。
フォレスト出版社さんの情熱、感謝しています!

Amazonキャンペーンを待てずに、予約された方が何人もおられ、販売前なのに、なぜか「二度完売」という異例の事態になり、販売されていないのに、なぜかカテゴリー部門で8位にならせていただきました。

これも応援していただいている皆様のおかげです!
ありがとうございます。

以下、ネットの立ち読みキャンペーンのURLです。

  ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・・

◆ネットで立ち読みキャンペーン
コチラをクリックしてください。
飛べない場合は、こちらを入力してください
   ↓
https://mtsbook.com/mts_harmony_magic/

◆Amazonキャンペーンは、26日11:00~28日23:55までです!

コメントの投稿

非公開コメント

物理学者 惠藤憲二のつぶやき

はじめまして物理学者の惠藤憲二です。
すごくいいじゃないですか!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。