スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1つの器にたくさん放りこんだ1年でした

2012年12月31日 21:45
2012年ももうすぐ終わりますね。
みなさんは、どんな大晦日をお過ごしでしょうか。

私にとって、今年は今までやってきたことを集大成する年でした。
養成講座も開講しましたが、何と6期開催することになるとは思いもしませんでした。
「今」を集中していたら、いつの間にか・・・ですね。
その意味で、目標を立てる、というのは私には向いていない、とつくづく思います。

「養成講座をやりたい」までは思いますが、それ以降は流れのままに・・・ですね。
すべては必然のタイミングで来ることを、以前も感じていましたが、この31日の日を迎えて、今まで以上に一層確信を深めています。

願い実現のコツはいろいろありますが、まず最初の一歩は「自分を好きになること」だと思っています。
そのあと、様々な要素がありますが、そのうちの一つが「流れを信頼すること」です。
また、流れが大きくなるほどに重要なのが「サポートする、される関係性を築く」です。

今年は、私にとって「流れを信頼すること」「サポートする、される」がメインテーマでした。
願いが大きくなるほどに、関わる人も多くなっていきます。
どんな人と出会い、どのように成長していくのか、を今年ほど感じた年もありませんでした。

    ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

振り返ると、あれこれバラバラにやってきたことを、一つの大きな器の中に放りこみ、それをぐつぐつ煮込んでいたような年でした。
途中、新しい具材やら、珍しい調味料が加わっていき、ときには鍋を焦がしそうになったり、地震が来たけどうっかり火の元を点検し忘れたり・・・などの予想外のことが起きました。

が、結局のところ、12月31日にすべてが完全に調和している状態でおさまった、ということは何より喜ばしいことです。

一つ一つの場面を見て、いちいち「よい、悪い」とか言っていても、それは実は意味のないことなんだと思います。
要は、自分がどちらを向いているのか、ということが大事。
そして、その中でどのように自分を成長させていけるのかが大事。
それに尽きますね。

そうすれば、一番よいタイミングで、「いい塩梅に」という状態になります。
そうやって出来上がったものを、来年以降は、あちこちにお配りして、その先々で、それらがまた新しい方向で進んでいく。
そうやって、積み重ねていったことが、いつの時か、また一つの器に放りこまれる時期がくることでしょう。

今年は私にとっては、一つのステージの区切りでしたので、無事2012年に終えることができて本当によかったです。
ただ、まぁなんというか、年末ギリギリセーフという滑り込みぶりでしたが。

それも人生、ですかね(笑)。

来年、私を取り巻く環境は刷新されていくでしょう。
新しい気持ちで、みなさんと出会っていきたいと思います。

今年かかわってくださった皆様がた、ありがとうございます。

   ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

来年もどうぞよろしくお願いします。
(なお、今年は身内の不幸がありましたので、新年のご挨拶は控えさせていただきます)


コメントの投稿

非公開コメント

クロ戌の一言

クロ戌です。
確かにそおですね。

Re: クロ戌の一言

クロ戌さん
コメントありがとうございます。
今年は想定外になりそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。