スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな天才も勝てない「最強の資質」①【三浦亜矢さん】認定ナビゲーター

2012年11月28日 03:41
◆キャンセル待ち
12月の東京「プチ養成講座」は満席になりました。
ありがとうございます!
養成講座の短縮版で「願い実現」に焦点を当てたお得な内容になっております。

キャンセル待ちをご希望の方は、お問い合わせくださいませ。


さて、遅くなってしまいましたが、養成講座の認定試験を合格したナビゲーターの方をご紹介していきたいと思います!

今年4月から開講した、ハーモニー「魔法の言葉 養成講座」ですが、現在は第6期までになりました。
そして現在、3人の合格者が出ておりますが、年内にあと2名は最低でも出そうな勢いです!

個性豊かな合格者の素顔や、どんなセッションが得意なのかを、どんどんご紹介していきたいと思います。
お1人につき、2回連載を目安にしたいと思っています。

一番バッターは、この方!
三浦亜矢さんです。

★ブログはコチラ
★facebookはコチラ

三浦亜矢さん

彼女のことは、facebookでも記事に書きましたし、札幌ワンデーセミナーでもエピソードをご紹介していましたので、結構ご存知の方もおられると思います。

なんで、そんなに紹介されるか?
と言いますと・・・。

この三浦亜矢さん。
実は、コミュニケーションが大の苦手だったのです!
ですが、養成講座の中で、色々なことに気づかれ、目覚めてしまいました。
そして、遂に遂に・・・「一発逆転満塁ホームラン」を放ったのです。

あれほど、コミュニケーションが苦手だったのに、ものすごくセッション技術が上達するという奇跡を起こしました。

現在、6期(札幌第2期)の養成講座が始まっていますが、
「三浦亜矢さんに憧れて申し込みました!彼女のようになりたい!」
という方まで出現しています。

それほどまでに「ありえない奇跡」を起こした方なのです。
連載第1回目は、以前facebookで書いた記事を元に、ブログ用に少しだけ書きなおしたいと思います。
(ほぼfacebook記事の通りです)

    ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

もっと仕事ができるようになりたい。
もっと「人から応援されたい」。
そう考えている方はきっと多いでしょうし、日々努力をされている方も多いと思います。
時には、優れた能力を持つ人に対して「とても追い越せない」と圧倒的な差を感じることもあるかもしれません。

でも、もし「とある最強の能力」さえ身につければ、結果が何倍も違ってくるのだとしたら・・・。
この「最強の能力」は、天才あるいは「到底追いつけない」と思い込んでいる人を、いつの間にか凌駕してしまうほどの威力があるのだとしたら・・。

人の潜在能力には計り知れない可能性が秘められています。

私は養成講座第1期(札幌講座)の運営の中で、その能力が「言葉一つ」で引き出され、開花していく過程を、まざまざと見せつけられた経験をしました。

そして、最後の最後で「まさかまさかぁーーっ!!」の「奇跡の大逆転、満塁ホームラン」を間近で見てしまいました。
その鍵を握るのが「どんな天才も勝てない最強の資質」だったのです。

私の養成講座は、「人間力アップ」を目的として、願い実現力アップ&コミュニケーション力アップをするので、プロ志望ではなく、自分のために学ばれる方も多くおられます。

      ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

その第1期生(札幌)に「三浦亜矢さん」という方がいました。
彼女はプロ志望で、8月の末に試験に合格して「第一号認定ナビゲーター」になりました。

正直に告白します。

私は札幌第1期のちょうど半分が終わった5月、「三浦さんの今の力では合格させることはできない」と思っていました。

講座では、ペアワークを通じて「自分のコミュニケーションの癖」を見つけることも目的です。
その様子を見れば、コミュニケーションのパターン、認定合格する力の有無は一目瞭然です。

どんな言葉を発し、どのタイミングでその言葉を使うのか。
ベースは「直観力と流れを読む力」です。どんなよい言葉であっても、タイミングを間違うと結果は違ってくるのです。

相手の性格、こちらとの関係性を感じ取り、適切な言葉を放つことのできる「感性」こそが、私の養成講座で最も重要視していることです。

そして、その根底にあるのは「人を尊重する気持ち」。
これらがあって、初めて「言葉の魔法の力」が発揮されます。
言葉の魔力は、言葉単体で存在しているわけではないのです。


私の認定合格基準は、「言葉そのもの」だけではなく「関係性を感じ取る能力」「流れを読む力があるのか」「相手をリラックスさせる力」など総合的なものです。

      ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

三浦さんはご自身でも振り返っているように、コミュニケーションが苦手でした。
昨年から私の様々な講座を受講してくださっていたのですが、人にあまり興味がないという雰囲気でした。

会社の人間関係を相談されることもありましたが、「そ、それは・・・三浦さんが自分が正しい、と思う気持ありきで、上司のことを受け入れるコミュニケーションをしていないからですよ」と思うこともありました。
そう、「正しい」という気持ちが、上司の抵抗を引き出していたのです。

また、養成講座の中でも「人と接するのがひょっとして苦手?」
と思えることもありました。
例えば、養成講座の4月の第1回目の後、懇親会がありました。
用事がない方以外は、基本的に参加、という雰囲気があったのですが、三浦さんは一味違っていました。

用事がないようなのですが、参加するか否かを最後まで迷っていました。
そして、消極的な感じで「まぁ・・出てみましょう」みたいな(笑)雰囲気で参加されていました。

ご本人もお話されていましたが、会社の飲み会も含め、あまり懇親会的なことに価値を見出さないような感覚をお持ちだったようです。

それが・・・。
養成講座が開講期間は、積極的に様々なセミナーやイベントに出席され、懇親会で知らない人と交流するのが「楽しい!」と思えるまでに変化されました。

表情もどんどん豊かになり・・・養成講座生の中で「外見的な変化」が著しかったのが三浦さんでした。

     ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

話を戻します。
今や大変身された三浦さんですが、札幌第1期の折り返し地点の5月のペアワーク時に、私は重大なことに直面したのです!!

三浦さんは残念ながら、講座でのペアワークを観察する限り、その全てが「合格レベル」に達していませんでした。
ペアワークのお相手の様子から、三浦さんが「抵抗」を思いっきり引き出しているのが垣間見えました。

しかし、困ったことに(笑)、三浦さんはその時、会社を辞める決意をされ、「認定試験に合格して9月からサロンをオープンさせます!」と張り切っていました。

・・・・・。

私は密かに頭を抱えてしまいました。
今のままでは合格を出せない


しかも、しかも・・かなり重症。
あぁ・・困った困った。

  ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

私は意を決して、彼女と休日に会うことにしました。
言いにくいですが、どうしても伝えなければいけないことがある。

しかし、その約2か月半後、まさか・・まさか・・・
「奇跡の満塁ホームラン」が放たれようとは!!!

(つづく)

コメントの投稿

非公開コメント

師匠お忙しい中ありがとうございます!

まさか顔写真まで出るとは思わなくて
ビックリしました(笑)

でも、とっても嬉しいです☆

懇親会に出るのすら迷い、職場で
トラブルメーカーだった私がここまで
変われたのは師匠のおかげです。

これからもご指導宜しくお願い致します。

亜矢さん
コメントありがとうございます!初ですね。
いや~ほんと、亜矢さんの急成長ぶりには驚かされました。
やっぱり、あの「資質」がモノを言いましたね!
第6期(札幌2期)のアシスタントも、いつもありがとうございます。

今後もどんどん伸びていってくださいね☆」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。