スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展開早すぎっ!養成講座の方の怒涛の変化・・・どうなっているの!?

2012年11月23日 03:29
今日から福岡養成講座がまた始まります!
10月から、札幌と福岡で同時に開講した養成講座ですが、札幌は第二期、福岡は初!です。

今年は4月から私単独で養成講座を始めましたが、何と6期目に入っています。
ややこしいので、呼び名を改めようと思っています。
(第1期→旧 札幌第1期、第2期→旧 東京第1期 
第3期→旧 通信1期 第4期→旧 森の養成講座
第5期→旧 福岡第1期 第6期→札幌第2期)

福岡は連休を使っての講座ですので、3日連続になります。
森の養成講座もそうでしたが、3日連続って超ハードなんですよね。

何しろ、私の養成講座といえば、朝から晩までやりますので(笑)
それに、受講される方が意識の高い方ばかりですので、1秒たりとも気を抜けないのですよ。

ふふふっ。

レジュメの中身も、どんどん変化していまして、新しい事例が増えていっています。
もともとの方向性は変わってないのですが、私の体験が濃くなったりすることが多く、それがそのままレジュメになったりしますので、どんどんブラッシュアップされていっています。

なので、何度やっても「慣れる」という状態はありえず、常に進化を遂げるのが私の養成講座なのです。

で、何度やっても、毎回レジュメは深夜まで作りこみ、寝不足の日々が続くというわけです。
講座に関しての「完璧主義」はきっと一生治らないと思います(笑)。

   ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

さて、養成講座生の方達には、日々課題が出されているのですが、そのせいなのか、それとも意識の高い方だけが集まっているからなのか・・・その両方だと思うのですが、流れの展開が早い方ばかりなんです!!

もぅ・・私の方が毎回驚いています。
ジェットコースター並みの日替わりの展開なんて方もおられます。
何年か分の体験を数週間で体験してしまい、怒涛の毎日とか。

あと、「魔法の言葉」に書いた通りの展開で、しかしながら予想外のルートで展開して驚きました、という方も複数おられます。

あるいは、長年の課題が一つの「出来事」に集約されて起きる方もチラホラ。

そして、「次々と魔法の言葉に書いた通りのことが確実に起きて、願いが叶いすぎてビックリします!」という快進撃を突き進む方も!

以前ご紹介した「突然、商品が売れ始めました!」という方の続報も届いていて、更に奇跡が展開中なのだそうです。

    ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

あ、あの・・・・。
皆さん、一体どうしたのですか(笑)!?
と私が聞きたいくらいですよ。

いや、確かに「心の内側を見つめ」「それを魔法の言葉に表現すれば、現実は動きます」と教えていますが、それにしてもこの怒涛の展開は一体!?

おそらく2012年というエネルギーがそうさせるのだと思います。
転職、会社を辞める、離婚、結婚、あるいは病気、思いがけない出会い。

カタチが違えど「抑えていた感情が噴出」し、ある一つの現実化が起き、そのうえで「さぁ、どれを選択するのか?」と自分の中の真実を問われる。
そういう方が、本当~に多いのです。

特に養成講座の方は、ワークや課題を通じて、深くご自身の潜在意識と繋がるので、当然、更に展開が早くなるのです。

それぞれが、ご自身の課題と向き合い、真摯に乗り越えようとされている。
養成講座の方が皆さん、2012年の流れにきちんと乗っておられて、私もやりがいを感じる日々です!

2012年というのは、限界を迎えるもの、それを乗り越えて新しいステージにいくこと、この正反対の動きが同時に起きたりします。
ですので、「自分軸」が問われますし、「どういう生き方をするのか」ということも、まさに問われることが多いのです。
どれだけ自分に誠実に生きられるか、ということでもあります。


      ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

そんな養成講座の方ですが、現在「認定ナビゲーター」になった方が3名おられます。
三浦亜矢さん。
伊藤理恵さん。
山口久美子さん。

全員素晴らしいナビゲーターで、しかも個性が全然違います!
そこで、認定ナビゲーターの方のご紹介、養成講座でどんな学びをされていたのか、のご紹介を順番に記事にしていこうと思います。

お1人につき、記事を2回位に分けて書いていく予定です。
皆さんのブログもご紹介しますね!

12月の初旬までに3人のご紹介ができれば、と思います。
お楽しみに☆



コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。