スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手に「言葉の魔法」をかける秘訣は直感の正しい使い方

2012年10月26日 18:13
明日から、札幌養成講座の第2期が始まります!!
既に満席で締め切っていたのですが、先週の21日のセミナーに参加された方が
「どうしても受講したいです!」と懇親会で熱心にお話しされ、1名増えました。

先日も記事に書きましたが、1人で年間(厳密にいうと10か月)、36人の受講生さんと御付き合いしていくのは、予想していませんでしたし、できるとも思っていなかったです。

まさか10か月で6期も受け持つことになるとは・・・
そんなに生き急いでどうする!?
と自分に突っ込んでみたりもしています(笑)。

ただ、来年以降大きなプロジェクトが始まるので、どうしても個人セッションは減っていかざるを得ないのです。
お1人お1人と交流をしていくような機会が減っていき、私は今までとは違う方法で、多くの方と交流していく方向へ移行していく思われるからです。

ある意味、2012年は私の卒業であり始まりの年でもあります。

なので、それまでに「私の個人セッションと同じ要素を発揮できる人」を育てていく土台をつくる使命があるのだと思っています。

来年は、内容も価格もリニューアルした養成講座が始まりますが(早くて春頃でしょうか、可能性は低いですが、リニューアル前の養成講座を西日本あたりで開催することはありえます)、労力を考えると、おそらく30人以上は受けられないと思います。

ただ、毎年私はバージョンアップしているので、いつの間にか「できない」が「できる」に変わっていくのかもしれませんね。

     ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

さて、この「できない」ことが、いつの間にか「できる」に変わるときって、心の中で何が起きているのでしょうか?

これは様々な理由が考えられると思います。

小さな成功体験を積み重ねることで、自信が育っていったから。
誰かに、自分でも気づいていない長所を誉められ、自信が育ったから。
何かの拍子に、何かの出来事がきっかけで、やらざるを得ない状態になり、やってみたら予想外に「できる」ことに気づき、結果的に自信がついた(そして、更に挑戦してみようと思えるようになる)。

共通点は、「今の自分」に「小さくても自信が生まれたこと」だと思います。
別の観点から捉えると「心の抵抗が減った(だから自信が生まれた)」とも言えます。

★これを自分自身にアプローチすると、自分に自信を持ち→願い実現、という結果がついてきます。
★これを相手にアプローチすると、相手の資質を伸ばしたり、人間関係がスムーズになったりします。


私が養成講座でお伝えしたいことは、まさに「これ」なのです(笑)!
自分に対してのアプローチはもちろんのこと、相手(あるいは複数でもOK)に対してのアプローチもできるようになること。
この能力を身につけていただきたいのです。

そのためには「抵抗」という「感情エネルギー」をキャッチする能力を正確に育てていく必要があります。

これを実現するには、「バランス感覚」抜きには語れず・・右脳と左脳を同時に使えるような資質を訓練していく必要があると思います。
だから、養成講座では「直観力」を鍛えながらも、同時に「その直感を、きちんと現実に活かしていくこと」に重点をおいています。

つまり「直感が働いた」
だけではなく、現実を動かす方向に「言葉の力」を使えてこそ、その「直感」は意味があると考えます。

スピリチュアルに興味のある方の中には、直感力があるのはいいのですが、それを現実的には使っていない、あるいは使う方向を間違えている(相手を勝手にリーディングして、人を操作する、支配に使っている)場面をちょくちょく見かけます。

養成講座生に私が何度もしつこいほどにお伝えしているのは(シータヒーリングの際も同じです)、
「人を支配するため、操作するために、直観力を使わないでください」
「その感じたことを、まるまる信じるのではなく、自分の主観が入っていないか謙虚な気持ちでいてください」
ということです。

直観力が身につき始めるのはいいのですが、自分の欠乏感が大きいままですと
「人に認められたい」
「自分の言うとおりに相手を動かしたい」
という欲求が、その純粋な直感の力を上回ることが、大いにありえます。

「上回る」の意味ですが、直感を純度の高いままで受け取らずに、そこに「主観」が入ってしまうということです。
その主観の大元が「人に認められたい」「自分の言うとおりに相手を動かしたい」
だとすると、周りを巻き込んで厄介なことになりかねません。

養成講座の方には、それを見抜く感性も同時に育てていってほしいな、と思います。
「自分軸」の部分ですね。
心を扱う業種は、どうしてもお申込みされる方が「依存性」になる危険を常にはらんでいます。

私は、この依存性をきちんと回避できるような教え方をしたい、と常に細心の注意を払っています。
これには終わりがないですね。
自分が成長するほどに、出会う方の範囲を広げるほどに、出会う人数が増えます。
だから、いつも私は揉まれています(笑)。

だからこそ、私は今年、養成講座を開講してから、私自身が飛躍的に成長できたのだと思います。
本当に不思議なことに、始まった4月から、急展開しはじめ、願いが加速度的に叶っていきはじめました。

養成講座は、その私自身の成長過程も、リアルタイムでシェアしていくので、毎回少しずつ内容も変化していきます。
自分の願い実現の体験談が増えていくからなんです。

自分自身が講座で「直感の正しい使い方」を伝えるわけですから、自分の日常の生き様がそのままシェアになると思うと、気が引き締まりますし、結果的に願いが加速度的に叶うことに繋がりました。

養成講座は、最大限に私を成長させてくれるものなんだ、と改めて感謝です。

明日からの養成講座、楽しみにしていてくださいね☆
右脳と左脳の統合をキーワードに、第1期より更にパワーアップして、皆さんと共に成長していきたいと思っています!

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。