スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

願望達成するには⑪ 金運

2007年06月27日 12:00
幸せになる!【潜在意識活用】宇宙の法則のハーモニーです
イメージングをする時、常に最終目的の映像にしなくてはならないかというと、そんなことはないと思います。

「過程を任せる」とは言いますが、前にも書いたとおり、
願望の種類にもよると思います。

では、最終目的の映像だけイメージして
過程を任せた方がよい願望とは何でしょうか?

私の経験上、
「過程を任せる」のが最もふさわしい願望は「金運」ですね。
これは本当に不思議で、
予想外の手段で必要な金額が手に入ったことが何度もあります。

手にはいらない場合もありますが、
後から考えると手に入れなくても良いお金だったりします。
また、「これが欲しい」と思っていても、実は別の代替手段で、しかももっと安い金額で、同じ目的を達せられる場合であることもあります。

しかし、無目的に「○○万円欲しい」と願って叶ったことってほとんどないです。
宝くじで1万円と3万円、ナンバーズで数万円程度しか手にいれたことがありません。

しかし、「~したい」という強烈な願望があって、
そのためにはある程度まとまった金額が必要、という時、
本当に必要な額だけお金が入るようです。
私は二度経験がありました。どれも50~100万位の金額です。
普通では考えられない確率で起きる方法で、お金が入りました。

では、この時イメージングしたかというと、実はしていないのです。
二度ともしていません。

「~したい」→それによって今の状況が~な風に良くなるという明確なイメージはありました。
二度とも、かなり切羽詰っていて
イメージングしようという心の余裕さえなかったです。

ただ、強く「~した状態」を思い描いて、「~だったら全て解決するのに・・・」と日常生活の中でふと思いついた時に考えた程度です。

二度とも共通なのは、具体的に「お金が欲しい」とは全く思っていなかったことです。
「~な状態になりたい」と強く願っただけです。
「~な状態」になるには、お金が必要なのですが、あまりお金のことは考えなかったですね。

また、ここでも注目すべきは、よく言われるような「願望を完了形の文章にしたアファーメーションにする」ということも一切やっていないのです。
強烈に「~だったらいいのに・・・」と思っただけなのです。

そうすると、一体願望達成のシステムとはどうなっているんだ?
という疑問が沸いてきます。
私が今まで達成してきた数々、達成できなかった数々を振り返ってみると、どうしてもこの本の結論が妥当としか思えないのです。
第11番目の鍵―富と成功への扉をあける
第11番目の鍵―富と成功への扉をあける

この著者は、マーフィーの成功法則に苦しめられた、とあります。
わかる気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。