スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいサイクルが始まる時

2012年06月25日 22:08
★北海道の森 「人間力アップ!言葉の魔法カウンセラー養成講座」
おかげさまで、現在キャンセル待ちです。ありがとうございます。
宿泊先を3棟しか押さえていない関係で、今はまだ増やせるかわかりません。
講義そのものを、そのうちの1棟で行う予定なのです。
職場の休みがとれるか検討中の方も含めて、定員になりましたので、キャンセルが出る可能性もあります。

お問い合わせは以下までお願いします。
◆info#@izumi88.com(#を@に変えてください)


どうも最近、衝撃的な出来事が多いように感じます。
私に起こることであれ
身近な人に起こることであれ

「突然」
というキーワードが共通しているように思います。

なぜ??
なぜ??

と耳を疑うような信じられないことも起こっています。
その一方で「停滞している」という声もチラホラ聴きます。

奇跡が起こるのは大歓迎かもしれませんが
突然の悲しみというのは、なかなか受け入れがたいと思います。

それでもなお、人は前を進んでいかなくてはいけない。
日常の雑事や、様々なことが次から次へと押しかけ
感情のひだに挟まっているヒリヒリ感を味わうことが中断されたり

その一方で「支えられている」という感覚に感謝をしたり。
人生はままならないものですね。

昨年から、本当に大きな変化の流れを感じます。
人間の気持ちなどおかまいなしに、否応なしの強引な流れと感じることもあります。

そんなこんなを含めて、facebookに「新しいサイクルが始まる時」というアファメーションをアップしました。
少しブログでもご紹介します。
(私のfacebookのページは、コチラです)

   ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

◆新しいサイクルの始まり◆
かつてない大きなスケールで
新しいサイクルが始まろうとしているようです。

ものごとの移り変わり方には、様々なカタチがあります。
じんわりと時間をかけて変化が浸透していき、いつの間にか新しい場所にいることに気づいたり。
衝撃的な出来事で、否応なしに幕開けしたり。

後者の方が、「心の準備」という観点からは、気持ちが現実に追いつかないこともあるでしょう。

突然の奇跡だったり。
突然襲う悲しみだったり。

ある日、嵐のようにやってきて
突然何かを与え、
あるいは、突然何かを奪っていく。

多くの人は「変化」に抵抗を示すものです。
「変わりたい」と望みながらも、心の奥底では今のままでいることに安心を感じる。

これは人間の本能なのです。
それでもなお、人の自然なあり方に逆らって、否応なしに突然の出来事が起こるとき、
既にあなたはそれを受け取り、新しい流れを創りだす段階にきている。
そういうことなのかもしれません。

その意味で「停滞している」と感じることがあるのなら
それは「突然起こる変化」を受け止める準備段階なのだと思います。
身をかがめて力を蓄え、「ここぞ」という時に体を伸ばして、予想だにしない突然の出来事を受け止め、未来へ向かって新しい流れを創りだす。

「停滞」も「突然」も、実は全て同じ流れを創りだす目的に繋がっているのではないかと思うのです。

facebookに続く・・・・

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。