スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片づけが苦手な人の本当のワケ【感情のエネルギー】

2011年05月20日 19:51
最近、シータヒーリングに興味を持つ専門家が増えているな~と実感しています。

今日ご紹介するのは、整理収納の専門家・後藤えい子さんです!!
彼女は、記念すべき第一弾シータセミナーを受講してくださいました。

初めての出会いは、昨年の7月。
札幌で開催した「ハイヤーセルフ瞑想」セミナーにご参加くださいました。

その時の私の印象を「クリアー」とブログに書いてくださったのを、最近発見しました(笑)。
◆限りなく透明に近いシータインストラクター
ありがとうございます~!

でも、実は結構、腹黒いですけどね。うっしっし。

そのハイヤーセルフ瞑想をネットで検索するまでの過程が、すごい流れのよさ!
シンクロというのは、こういうことなんだな~と感心しました。
導かれるようにたどり着く、という感じでしょうか。

昨年のセミナーの懇親会で、後藤さんが「整理収納アドバイザー」をされていることを知りました。
断捨離がブームの今、時流に乗ったお仕事ですよね~☆
セミナーが大人気のようですので、ご興味のある方は是非、彼女に会いに行ってください。

というのも。
片付けというのは、潜在意識の構造とものすごく関わっているのです。
その人の持つ潜在意識の情報は、お部屋を見ればわかってしまいます。

片付けられていない部屋。
片付けようと思っているけれども、いつも先伸ばしにしてしまい、「とりあえず」部門がある部屋。

一見、綺麗だけど、押入れを開けるとモノが溢れて、どこに何があるのかわからない部屋。
一見、綺麗だけど、「あるモノ」だけどうしても手放せない。そこにある感情が置き忘れてしまっている。

よくあるパターンを書きましたが、これだけでも、その方の潜在意識の構造がわかってしまいます。
更に掘り下げていくと、「ある感情」が片付けられない大元にあるはずです。

ここを解決しないと、片づけができない。
その一方で、片づけを通して出てくる葛藤をヒーリングしながら、心理ブロックを解放&片付けもできてしまう。
どちらもありです。
なので、私は継続セッションの方の宿題に、「部屋のある部分を片付けてもらう」を出すことがよくあります。

それだけ、「部屋の配置」には、奥深いものがあると思います。

これと全く同じことを、後藤えい子さんも感じていたというのです!
整理収納アドバイザーとして、個人や会社のアドバイスをする時に、モノには感情がこめられていて、そこに片付けられない本当の理由がある、とわかっていったといいます。

本当にその通りですよね。

それで、潜在意識の知識を、ご自身のお仕事に取り入れたら、もっともっと質の良いお仕事ができる。
そして、その過程でクライアントさんの心を癒すことが出来たら・・・。

その気持ちで、シータヒーリングを受講してくださいました。



で、ご本人は地に足のついた現実派だけに、結構疑い深いご様子(笑)。
確実に見えることに少々こだわっておられたのですが。

そこで私がお伝えしたのは、「後藤さんの本来お持ちの才能に目を向けてあげてください」ということです。
というのも、私は、後藤さんと似た部分があるように感じていました。
基本、現実派なのですが、人と話す中で全体の構造がわかってしまうタイプ。
これ実は、エンパスの一種なのです。

人を教えるのが得意なタイプに多いそうです。
これは、昨年、エンパス研究の第一人者であるローズ・ローズ・トゥリーさんのセミナーで知りました。

私はカウンセリングをしていても、お相手の感情に引きずられることは全くと言ってもいいほどありません。
比較的、ニュートラルでいられるタイプ。
そして、お話を聞く中でその方の人生の構造が手に取るように「わかってしまう」タイプ。

この能力は全体を感じ取るエンパス能力なのです。
この能力がある教師は、教壇に立ちながら、全体のエネルギーを感じつつ、個々に目を向けられ、「この人はこういうタイプだから、こういう話しかたをしよう」「でもこの人は、こういう性格だから違うアプローチをしよう」と、全体と個々とのバランスを上手くとれるそうです。

そして、こちらがそうあることで、クライアントさんがニュートラルになり、気づきが促される。
後藤さんのお仕事のクライアントさんも、そういうことが多いそうです。

やっぱり。

この「わかるタイプ」は、私が観察する限り「天然シータ波状態」の方が多いです。
つまり、いちいちシータをやるまでもなく、普段からシータ波状態になりやすい。
ボーッとしているのが好きな人がそうですね。

で、天然シータの人は、普段ボーッとしているだけでシータ状態でいられるので、無意識で考えていることが現実化しやすい。
だから、引き寄せ現象が多くなる。
こういう仕組みになっていると思います。

実際、私が最初シータを受講したとき、ほとんどと言っていいくらい、見えませんでした(汗)。
一部のワークで、明確に見えることはあっても、一定していませんでした。
結構、考えたことを映像化するのは普段から得意なのに、なぜ!?

エリカさんに「ハーモニーさんは最初から繋がっていましたよ。天然シータですから」と言われても、ハァ?という感じで・・・(すみません)。

ところが、見えなくても、何となくわかってしまったことを伝えると、「何でわかるんですか?」といわれることの多いこと。

あ~。私はこっちのタイプなのね。
と受け入れた時、結構見えるようになりました。
でも、「見たい」とは思ってはいないのです。
なんというか・・・自分への信頼の気持ちがベースにあり、感じたことをお伝えするスタンスでいると、見えることもある。

そういう感じです。

このあたりを解説すると後藤さんも納得しておられました。
あとは、経験を通じて受け入れる。
それだけです☆

そのためには、自分が感じたことを、どのように伝えるのか、という「コミュニケーションの工夫」をしていくことで、更に自分への信頼が増すことでしょう。

ブログを拝見したところ、その感覚のシッポをしっかり掴むことに成功されているように感じましたよ♪
セミナー終了10日後で、その域に達しましたか~。
すごいな~と思います。

後藤さんのように、全体を捉えられるアドバイザーが、シータヒーリングを取り入れた時、クライアントさんのお部屋が大変化することは間違いないと思います!

部屋も潜在意識もスッキリ♪
今後のご活躍を期待しています☆

専門家の方が、更にお客様に喜ばれるようなお仕事内容にするきっかけに、シータが役立つのであれば、私もとっても嬉しいです♪

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。