スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10万円が私に振り込まれました【20万円に増えた義援金】

2011年03月15日 03:32
告知
13日から、札幌に佐田センセが来ています。
養成講座の打ち合わせのためですが、このような状況になり、皆様と一緒にできる瞑想&アファメーション公開をしたいと思います。

豊かさの泉ワークの方に対しては、「16日の21時から30分くらいで、行います」とお知らせしています。
これは人数が多いほど効果がありますので、ブログを通じで皆さんにも呼びかけたいと思います。

時間を合わせて皆で行いましょう。
(ご自宅で参加できるスタイルですので、お気軽に参加くださいませ)
簡単なアファメーション、手順などはブログでお知らせします。たぶん・・・16日の20時頃の発表になると思います。宜しくお願いします。



原発など、予断を許さない状況ですね。
不安な気持ちもあるでしょうが、こんな時こそ「今できること」を一人一人、しっかりとやっていきたいですね。

今できることって一体何でしょうか?
おかれた立場や環境によって、できることは違ってくると思います。

潜在意識からのアプローチは「祈り」や癒しのワークですが、現実面のアプローチも大事です。
義援金、節電、物資を送るなどなど。

そして何より、一人一人が自分で立ちながらも、人と繋がって協力していく姿勢が大事だと思います。

皆が力を合わせれば、ものすごいエネルギーの転換が生まれると思います。    
以前から、私はセミナーで「マイナスのことは、考え方次第で、いつだってプラスに変換できる」とお伝えしてきました。

これを一人だけではなく、皆が自覚していけば、今回の出来事をきっかけに、想像を超えることができそうですよね。

     ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

さて、豊かさの泉ワークにご参加くださっている皆さんには、連日フォローメールをお送りしています。
13日のフォローメールでは、「豊かさの泉」として義援金を出すことをお伝えしました。

今まで、私にお振込みくださった参加料の中から10万円を、「豊かさの泉」の団体の意思として義援金を出すということです(これから募集するのではなく、今まで既にお振込みくださった中から、10万円を捻出するという意味です)
私個人のお見舞いの気持ちの義援金は、これとは別に振り込みます。

この集団ワーク「豊かさの泉」は、63人全体で一つですので、「義援金」は団体としてのまとまった意思でもあります。

そうしたところ、14日の午前、参加者のお一人が、10万円を私に振り込んでくださっていました。
驚いてその方に確認しましたところ、「義援金として使っていただければ幸いです。今生きていることに感謝します。」とお返事いただきました。

この方が、敢えて私にお振込みくださったということは、個人としてではなく、「豊かさの泉」として義援金を振り込みたいという趣旨だと思います。
なので、この方の思いを大事にしたいと思います。

本当にありがとうございます!!
豊かさの循環を実践されているのだな・・と嬉しく思いました。

そこで、もともと予定していた10万円と、この方が振り込んでくださった10万円の計20万円を、「豊かさの泉」として義援金を振り込むことにしました。

14日のお昼過ぎ、「日本赤十字社」に郵便局から振り込みを完了しました。
「豊かさの泉」の方には、領収書の写真も添付して、フォローメールでお伝えしました。

早速、参加者の方から続々と反響メールが届いています☆
「集団のまとまった意思」としてお見舞いの気持ちを伝えられたことが、皆さんの内側にある力を引き出したようです!

なんだか14日は、シンクロ報告、気づきメールが相次いでいます。
小さな豊かさの循環が今、63人の中でおきはじめています。
小さな渦ですが、この流れを一人一人大事にしながら、「今できること」を実践していき、皆さんで成長していきたいと思っています。

10万円を私に振り込んでくださった方への感謝メールも、続々私に届いています。
エネルギー的に助けられた思いです、という方もおられます。

また、13日「豊かさの泉として10万円の義援金を出します」という一斉送信メールをお送りした後、すぐに第二回目の直接セッションの方から(精神がまだ不安定ということで、セッションは延期になり行われていません)メールが来ました。

「義援金についての文面を読んで、嬉しくてまた泣いてしまいました」とのことでした。
また、「水道はまだ断水している状況で、予想をはるかに超える被害を感じて、不安で心が折れそうだ」とも書かれていました。

この方だけではなく、被災地におられる方(ご家族・親戚が被災地におられる方)は、本当に大変な中、頑張っておられることと思います。
一刻も早く、皆様の不安が鎮まっていくことを願っています。

サポートをする、それを受け取る。
どれも「豊かさ」には欠かせない要素なんですね。
これが63人の中でも起きていますし、それがどんどん周囲に波及しているようでもあります。
(今日は人から助けられた体験をされた方が、なぜか多かったようですよ!)

皆さん、体験を通じて、腑に落ち始めているようです!
本当に素晴らしいことだと思います。

      ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

「豊かさの泉」の構成メンバーは、本当に必然のメンバーだったと思います。
13日のフォローメールでもお伝えしましたが、実は第一回目の直接セッションに選ばれた方も、偶然にも東北地方の方でした。
(この方からは、13日、“ようやく電気と水道が通りました。ずっとラジオで状況を知っていましたが、初めてテレビで映像を見て、涙が出ました”というメールが届きました)

第二回目の方も東北地方で、震源地に近い場所にお住いです。
63人中、東北地方の方は3~4人しか参加されていないのに、2人も連続して東北地方だった、というのも何か必然的に感じます。

日本全体を「一人の人間の体」と捉えると、不思議なことに気づきます。
北海道を頭、と見ると、東北地方は「喉」「ハート」のように見えませんか?

シンクロニシティの原理からは「モノ・場所の配置」は非常に重要視されます。
宇宙規模の一番大きい「配置」は星ですよね。
だから、ホロスコープは当たるのだ、と佐田センセの本に書かれていますが、深いな~と思います。

その考えで「東北地方」を捉えると、色々なことを考えることができます。
喉は「表現する」ことを意味しますし、ハートは「感情を感じる、自分の本当の思いに気づく」というキーワードが関連してきます。

日本全体の集合意識・・・と今回の地震を捉えることも可能です。
すると、「第二期 豊かさの泉」の直接セッションに選ばれた方が、少数なのに二回連続「東北地方」というのも、「気づく必要なある何か」を象徴している捉えることもできます。
(あくまでも、そう考えることもできる、という可能性のお話です)

私の集団セッションにおける役割は、全体を通しての流れをお伝えすることです。
そこが、個人セッションとは全く違う側面であり、違う能力が必要とされている場面です。
ハワイツアーから始まり、私の中に芽生えてきている気づき、思いが、皆様からの気づきメールで一層明確になってきました。

私も皆さんに助けられているようです。
感慨深いものがありますね!

とにかく今後は、怒涛のような勢いで、フォローメールがほぼ毎日届く!ことになりそうです。
どうぞ皆さん、お付き合いくださいね☆

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。