スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実を見る意図【癒しと現実化の関係 その1】

2010年11月25日 17:04
先日、東京セミナーが終わりました。
先週、東京に来てからず~っと、スケジュールが詰まっていて・・・いただいたメールは全て目を通させていただいておりますが、急を要する方(待ち合わせの時間変更についてなど)にしかお返事できておりません。
ご了承くださいませ。

最近、平均睡眠時間が3時間ほどだったので、ちょっと疲れが溜まっているようです。
札幌に帰ったら、しばらくゆっくりしたいですね~♪

その一方、クライアントさんからは様々な後日談が届いており、皆さま、日々色々進化されているんだな~と感心しております。

例えば、復縁をご希望だった方が、自分軸をしっかりさせていった結果、「人生最大のモテ期」に突入しているとのご報告とか。年下君にモテているんだそうです。
素晴らしい!どんどんモテまくってくださいませ(笑)!

また、ご自分と向かい合っている方もおられますね。
何が起きても、「どのようにリカバーするのか」という視点で物事を捉えてみる。その積み重ねが大事だと思います。
それが「その時の自分にとってのベスト」なんですよね。

未来をどうするのかは、自分にしか決められませんからね~。
どんな未来を自分は創造しようとしているか・・・は普段何気なく使っている言葉や、メールの文章などに現れます。

時間をおいて、客観的になるのもよいですね。

サロン経営の計画を着々とされている方も数人おられました。
日々変化する周囲からのメッセージを見逃さずに、必要なものをどんどん取り込みながら、「今」を充実させ、望む未来をバージョンアップさせていってくださいね。

その他、メールをくださった方、ありがとうございます☆
次回セッションについての課題などは、札幌に帰ってからお返事いたしますね。

    ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

さて、先日の東京セミナーは、今までにないほど濃い内容になりました。
4時間ほどしか時間がなかったのですが、内容は2日間コース並みに!
「これでもか!」というほどに、トピックを盛り込みました。
(アンケート結果を掲載しようと思ったら、佐田センセが持ち帰ったことに気づきました。残念・・・)

本当は誘導瞑想も入れる予定だったのですが、時間的にムリでした。
的確なご質問が多かったので、その答えの中で、願望実現のコツをお話させていただくことを優先させました。

今回はとにかく、実例が多かったので、具体的にどうしたらいいのか?ということをたくさんお伝えできました。

セミナーの根幹部分は「癒し」と「願いの現実化」の役割は違う、についてでした。
「癒し」は、自分のエネルギーを満タンにして、いわば高性能のターボチャージャーを搭載した車に変身させる役割。

一方、「願いの実現」とは、その高性能の車を、どの方向に操作するのかという「運転技術」のようなもの。
そのような感じで解説いたしました。

いくら、馬力がある車であっても、運転技術がないと、宝の持ち腐れ。
きちんとその車を定めた方向へ向かわせる技術が必要なんですね。

また、定めた方向へ直線に進むだけであれば、最初の設定だけで十分ですから、アクセルを全開にすればいいだけなんですね。

ところが、人生はそういかない(笑)。

落とし穴があったり、工事中で通行できない道が現れたり、険し山道が現れたり。

そんな時、どのように「運転するのか」。
数々の試練をどうすれば、最善にかわすことができるのか。

そのための考え方、具体的な方法が「願いの実現化」に必要な要素なのです。

   ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

では、どうやって「運転する方向を決めるのか」。
これが、そのまま私の行っているカウンセリング技術の話になりますし、願いの実現化の要の部分でもあります。

来年1月の三週連続の札幌セミナーでも、これをズバリ扱います!
今のところ・・・。

第一週が、「癒し」80%、「願いの実現化」20%
第二週が、「癒し」50%、「願いの実現化」50%
第三週が、「癒し」20%、「願いの実現化」80%


そんな割合のイメージでいます。
「癒し」と「願いの実現化」は関連しあっているので、3週連続でそれぞれの割合を変化させながら、最終的には「願いを実現化させるコツ」をギュ~ッと圧縮させたものをお伝えしようと思っております。

今回の東京セミナーは、その要点だけを4時間でまとめた感じもしますね。

少しだけ、「方向をどうやって決めるか」についてお話します。
私は「見」ます。
声を「聞き」ます。
クライアントさんから出される全てのサインを「感じ」とります。

これがコツでしょうか。
サイキック的なものでチャネリング、リーディングはしません。

ただ、ヒーラーの方から見ると、私のやっていることは、チャネリング、リーディングだと言われるのですが、少なくとも私はそう思っておりません。

けれども「現実」をしっかり見つめ、その中にある「真実」を見出そうとする結果、リーディングするのと同じ結果になったり、結果的にサイキックな能力に繋がっている、ということはありえます。

時折、クライアントさんの中にヒーリングを学んだ方がおられ
「私は見えない、聞こえないんです。どうしたらいいんですか?」と質問されます。

こんなとき、普通は「上に繋がる練習をしてください。そうしたらできるようになりますよ」とアドバイスするのでしょうが、私は違います。

「真実を見るように意図してください」
「真実を見る勇気を持てますように、と意図してください」

そうアドバイスします。

「見る」のは、自分の内面だったり、外に現象として現れる出来事、両方を含みます。
それは、逃げることなく、きちんと「現実」と向かい合ってください、ということでもあります。

自分の中に沸きおこるその感情。
弱者を装って、その立場を利用しようしていないか?
人から搾取しようと、利用しようとして、ズルい行為をしていないか?
ひねくれて、人のせいにしようとしていないのか?
自分にできないことをやっている人を妬んでいることを見ないフリして、正義を装って批判していないか?

鏡に映し出される「今」の自分を、まじまじと見てください、ということでもあります。
どんな服を着て、どんな表情をして、どんな人生を創ろうとしているのか。
鏡に映る真実から目をそらさないでください、と。

あるいは、人に自分の言うことを聞いてほしいときに、「上がそういっていた」「カードからメッセージをもらった」と光を装いながら、本当は自分の「闇」を正当化しようとしていないだろうか。
そういう「真実」から目を背けないでください、とアドバイスします。

そうすれば、クリアになり、そもそも「上」と繋がらなくても、日常のあらゆるところからメッセージを受け取ることができます。
答えは、シンボルとして様々な事象に現れています。

例えば、部屋の整理整頓だったり。
カバンの中身だったり。
言葉使いだったり。
仕草だったり。
顔の表情だったり。
正当性を主張しようとするときのパターンだったり。
人との関わり方だったり。
人への批判の仕方だったり。

以前、カリスマ気功師の清水義久さんとお話したときのエピソードを記事にしました。
清水さんは、「結局、自分と同じレベルのものとしか繋がれないのだから、チャネリングで受け取れるメッセージは、同等のものを、日常に起こる出来事から受け取れる」
「だから、メッセージは、チャネリング以外から受け取れる」という趣旨をお話されていましたが、本当にその通りだと思います。

佐田センセの「ハイヤーセルフ瞑想」でも、「メッセージは主観が入って当たり前」の前提のもと、どのように精度をあげていくのか、が重要だと言っています。
そのために「内面をクリアにすること」だと。

私がカウンセリングのときも、同じ気持ちで行っております。
現実を洞察すること。
真実を見ようとすること。
そのためには自分をクリアに研ぎ澄ますこと。
そうすれば、たくさんの情報を引き出せます。

サイキックな透視力を身につけたかったら、真実を見ようとすることなくしてありえない、とも思います。
これは、私の個人的な感覚ですが。

そんなことも、セミナーではお話させていただきました。
そんなわけで、テーマが多岐に渡る濃いセミナーになりました!

来年1月の札幌セミナーは、更に充実させた内容にしたいと思います☆
エリクソン的要素を含んだ誘導瞑想も、たくさん取り入れる予定です。

今から準備が楽しみです♪♪

コメントの投稿

非公開コメント

ヨクミル ヨクキク

大変示唆に富む投稿で勉強になります。
ハーモニーさんにお会いして、まっすぐに見つめられる姿勢がとても印象的でした。全身で向き合っておられるのですね。とても伝わってきて、僕にとても刺激的でした。いろんな意味で。(どんな意味でじゃ?)
またゆっくりお会いできるのをたのしみにしています。


そのとおりだと思います

”見えない”と言われる方でも
上昇すること、上に繋がることはできていると思います。

ただ、見ることができないor見たくない気持ちがあるor
目が閉じているなど、ということなのかしらと思っています。

”「真実を見るように意図してください」
「真実を見る勇気を持てますように、と意図してください」”・・・・
良いヒントをありがとうございます。

そして、上に繋がらなくても ”目に映る全てのことがメッセージ”・・・
なんて歌ありましたね♪♪

これからのハーモニーさんからますます目が離せません!!!

佐田先生が、感想をお持ち帰りになりましたか(笑)
ツボのコンビネーションン、抜群ですね。

ヒーラーさんに人気のあるヒーラーさんのパートナーさんに
「コツはなんだっていってました?」って聞いたら
「みんな、核に近づくとそこだけトーンが変わるんだよ」と
言っていたそうです。

その時、「あ、なぁんだ、じゃぁ日常生活で”だってあそこだけ
言い方が明らかに違っていたもん」ってあれでいいのかー?」って
ちょっと拍子抜けしたことがあります。
周囲の方に言わせるとヒーラー御用立つヒーラーさんは
かなり霊感が強いとのことです。

>わたなべさん
コメントありがとうございます。東京で初めてお会いできて嬉しかったです!
あまりにもイメージした印象と違い、と驚かされました(笑)。
文章ってある固定のイメージを抱かせますよね。
刺激・・ありましたか(笑)。
体操を教えてくださり、ありがとうございます。風邪が回復したのでやってみます!

>テツコさん
そうですよね~。真実から目をそらそうとしている心理があったり、あるいは単に普段から「見ようとしていないのか」。
どちらにしても、訓練で身につけられるものですし、特別なことでも何でもないと思っています。

テツコさんも、どんどんインストラクターとして活躍されていますよね!
素晴らしいです☆

>しろちょびさん
興味深いシェア、ありがとうございます。
霊能力といわれるものと、「洞察力」はかなり関連していると思います。

それを「すごい超能力」と崇めてしまうか、「洞察力」と見るかで、その人のあり方がわかりますよね。

依存しやすい人は崇める方向に行きやすいですよね~。
また崇めて欲しい人は「特殊能力」のように演出します。
こうして「支配と依存」関係が成り立ちます。
それを見極めるのも「洞察力」だと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。