スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それ、コミュニケーションの問題なんです

2010年11月21日 07:30
23日の「現実化を促す」(豊かに現実化させる秘訣)東京セミナーは満席になりました。
追加募集をするかは、まだ佐田センセと連絡をとれていないので(電話が繋がらなかったので)、決まっていませんが、ご希望の方は「キャンセル待ち希望」のメールをくださいませ。

さて、その23日のセミナーでも触れることを、少しお話します。

私の得意分野は「現実化」です。
クライアントさんのお話をお聞きしていくと、その方のどの部分が現状を躓かせているのかを見極めるのが得意だと思います。

そのうえで、それを修正する方法を示す。
それをアファメーションに盛り込む。
そんなセッションを行っています。

ベースは「問題の構造を読み取る」で、そのうえで必要に応じてエリクソン催眠・イメージワーク・ヒーリングをすることもあります。
(全然しない場合もあります)

この「問題の構造を読み取る」ことは、リーディング能力とかいうものではなく、「洞察力」だと思います。
なので、特殊能力でも何でもなく、訓練で身につけられるものです。

対面の場合ですと、その方の表情の変化を観察することができます。
スカイプですと、声の抑揚・間の取り方で観察することができまます。

私は法律を学んでいましたが、そのときよく出てくる言葉が「射程範囲」というものです。
判例において枠組みが出たときに、個別の事件を超えて、他の事件にもその枠組みが有効なのか、という見極めについてです。。

この射程範囲がどこまで及ぶか・・・ということを考えるには、「そもそも、この規範はどのような趣旨・要素を取り入れて論じられているのか」という「そもそも」という部分に着目する必要があります。

私は、この「そもそも」を考えるのが結構好きでして・・・(笑)。
その思考法が、セッションのときにとっても役立っています。

そもそも、何でこの方は、このテーマを抱えているのか?
そもそも、なぜこの方は、いつも同じ恋愛パターンを繰り返すのか?

そういう現実的なアプローチが、私のセッションのベースになっています。
そのあたりが、佐田センセと相性がよいのでしょうね~。

私がセッションで気をつけているのは、「この問題はコーチング的手法で本人に気づいてもらう」「この問題は、アファメーションで抽象化して流れに委ねる」「この問題は共感と癒しがベースになる」「この問題はコミュニケーションの修正が必要」「この問題は、服装などの外見の修正からやっていく」「この問題は、自分の本音に気づいてもらう」「この問題はお役所に相談した方がよい」「この問題は、現実逃避から生じているので気づいてもらう」という、
「そもそも、この問題は、どの分野に相当するのか」という見極めなんです。
   
     ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・・

そういうスタンスですので、クライアントさんが「スピリチュアルにどっぷりはまりこんでいる方」の場合、私の話す内容は新鮮なことが多いようです(笑)!

本当によくあるのが、こんな事例なんです。

「今まで、たくさんのヒーリング・セッションを受けたのですが、現実が変わりません」。

なるほど。具体的にどんな風に変わらないのですか?
と、問いかけると、こんな答えが。

「恋愛がいつも上手くいかないのです。たくさんの心理ブロックの解放をしてきたのに変わらないのは、先祖代々、呪いがかけられているのではないか、と思うんです」
「いつも彼との関係が空回りするので、浮遊霊にとりつかれているいるかもしれないんです」
「母親に呪いをかけられている、って他のヒーリングで言われました」
「元カノの念がとりついているのかもしれません」等など・・・。

なるほど。では、具体的にどんな恋愛パターンを繰り返しているんですか?
どんなメールを彼に送っているんですか?
普段、どういう言葉を彼に発しているのですか?

こんな問答を繰り返していき・・・。

私が最後に言う台詞は、ほぼ同じです。

あ。わかりました。
それ、コミュニケーションの問題ですね。


あまりにもアッサリ言うので、拍子抜けされることもしばしば。

え・・・。
相当重たい心理ブロックがあると想像して、それを読み解いてもらえると思って、ここに来たんですけど・・・。
コミュニケーションですかぁ・・・。

もっと凄いことを言ってもらえると思っていたクライアントさんは落胆されます。

す、すみません。
期待はずれで。

で。
色々と説明させていただきます。

あのですね。
あなたのこのメールの、この部分が、男をドン引きにさせてしまうんです。
この部分が、追い詰められるような気持ちにさせてしまうんです。
この部分が、責められているように感じさせてしまうんです。

で、逃げ出したくなるんです。

あなたの、彼に対するダメ出しの数々が、彼の自尊心を傷つけている可能性が高いんです。
あなたが一言「ありがとう」という感謝を伝えるだけで、彼は報われるのに、一度もあなたは優しい言葉をかけていないですよね?

そこに傷ついているわけで。
たぶん、呪いではないと思うですよね。
浮遊霊でもないと思います。

あなたは、彼に「勝ちたい」と思っていますよね?
だから、意地を張って、謝ることをしない。

思いやり。
それがキーワードですね。


そんな会話がクライアントさんと繰り広げられます。
時には、具体的なメールの文章のアドバイスになったり・・。

    ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

実の所、上手くいかない原因は、「コミュニケーション」であることが多いのです。
そのようなコミュニケーションをさせてしまう大元は「心理ブロック」にあると言えばあるのですが、心理ブロック外しばかりやっていても、問題は一向に解決しません。

コミュニケーションは、実際に行動して修正して、経験値を重ねて身につけるしかないからです。

ご本人も深い部分では、それをわかっていることもあります。
でも、なぜか心理ブロック探しにエネルギーを費やしてしまう。

その方がラクだから・・というのもあるかもしれません。
私には重い心理ブロックがあるので、それを外すまでは・・・という理由をつけて、人と繋がろうとしない言い訳にしているのかもしれません。

でも、勇気を出して、人と繋がっていってほしいな・・と私は思います。
その人にできる範囲からはじめていって、そして自信をつけてほしい、と思います。

多くの方の悩みは「人間関係」「恋愛」「お金」に集約されますが、ほとんどがコミュニケーションと密接に関連しています。

なので、私のセッションでは、潜在意識の構造とコミュニケーションの二本立ては欠かせないものになっています。

そして、クライアントさんが納得できるように「伝える」。
これもまた「コミュニケーション」なんですね。

なので、セッション中ず~っと、コミュニケーションというものが常にあり、そのコミュニケーションがセッションの結果を左右することも多いです。
(もちろん、クライアントさんの実際の行動も重要です)

セッションで私の使う言葉一つで「結果の出方が違う」こともあるんですよね。

この具体的な方法は、来年1月の札幌セミナーの「第二週」「第三週」あたりで、具体例とともに解説していきたいと思います。
その構造を、23日の東京セミナーでは、少しだけお話したいと思います。

言葉のマジック。
コミュニケーションは、人生を豊かにする鍵を握っているのです。
アファメーションも、潜在意識とのコミュニケーションを「言葉」にしたものですしね。

言葉のマジックをどのように作用させるのか。
札幌セミナーの構成は、とっても充実しそうです♪
詳細はコチラをご覧くださいね☆

コメントの投稿

非公開コメント

呪い・・・そういう考え方もあったか、って感じですよね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。