FC2ブログ
潜在意識活用【願望達成法】幸せの法則のハーモニーです

前回の記事に対して「私と似ている状況」というメールを何通かいただきました。復縁を目指す方には、結構共通するパターンがあるのですよね・・・。

そんなこともあり、Iさんに、メールのやりとりの公開をお願いしたのです。

ところで、今回の記事では、ある一つの切り口に絞って質問いたしました。本当は、Iさんの個別事情に即した、もっと効果的な切り口があるのかもしれません。

しかし、対面でのカウンセリングならいざ知らず、メールでのカウンセリングには限界があります。こちらからある程度絞って、質問をしないと進まないというジレンマがあります。

そこで、「最大公約数的な切り口」で質問したのです。しかし、実はこの切り口、両刃の剣なのです。
それについては、後の記事でご説明いたします。
デトックス・ループの危険性についてです(もっとも、他の切り口でも、この危険性はありますが)。

因みに、このIさんとのやり取りは現在進行中です。
でも、私がまだお返事を返せていません(汗)。
Iさん、もう少しお待ちくださいませ。

というのも、先週の金曜日から日曜日までの三日間、ある方の講演会&講習会に出席していたのです。

その方とは・・・
「私は一流としか仕事をしない」とキッパリと言い切る女王・珠帆さんをして「天才セラピスト」と言わしめた、愛と桃舎のあぜさんご夫婦(千葉県在住)です!!

これがもう・・・「確かに天才!」としかいいようのない内容でした。
連日、講習会の後は、飲み会に参加し、たくさんの学びを得ました。
飲み会での会話も全て私の血となり肉となり・・・(笑)というくらい、私はたくさんのことを吸収してきました。

そんなこんなで、ここ数日とても忙しく、お申し込みメールにお返事するのが精一杯でしたので、Iさんへお返事していないのです。
でも、あぜさんご夫婦から学んだことは、Iさんへのお返事にも役に立ちそうです!

あぜさんの天才ぶりは、後ほどレポートいたしますので、お楽しみに・・・。

 私からの質問② 

I様
こんにちわ。
お返事ありがとうございます。

では、更に突っ込んだ質問をいたします。

>②家族は4人、父、母、妹です。
父は、優しいですが、下の妹と私の接し方は違うと感じます。
下とは仲がいい…
父と母は仲がよいですね。


ご自分より妹さんと仲が良いお父さんに対して、どういう感情を今まで持ってきましたか?
教えてください。
また、妹さんに対してはどういう感情を持っていますか?

以上、宜しくお願いいたします。
お返事は明日以降になるかもしれません。

 Iさんからのお返事② 

そうですね…なんでこんななんだろうかと思います。

私のことはたいして好きじゃないんだろうなと。
私はなんなんだろうと。
なんで私はこうなんだろうとかかまってほしいとか優しくしてほしいとか。
妹は別になにも思わないかな…。

両親は普通に育ててくれたのに、なんで自分がこんななのか分かりません。
私が変なんだとおもいます。

お忙しい中すみません。

潜在意識活用【願望達成法】幸せの法則のハーモニーです

前回の予告どおり、公開メールカウンセリングを連載いたします。
「復縁したいけれども、執着を手放す自信がない」というお悩みを持つIさんとのやりとりです。

Iさん、記事にすることをご了承いただき、ありがとうございます。
多くの方が、同じところでお悩みだと思いますので、色々な気づきが得られると思います。

まず、Iさんにいくつか質問いたしました。

 私からの質問① 

もし、宜しければ、もう少し詳しい情報を教えていただけますか?
良いアドバイスができるかもしれません。

①エゴからの脱却の難しさについて
>復縁したくてもできそうにない時はもう相手をあきらめた方がいいのかと…いま、そのはざまでくるしんでいます。

(*青字は、Iさんのメールの引用部分)

→なぜ、したくてもできそうにないと思うのですか?特別な事情があるのですか?

→ご自分を、依存しがちな性格だとお思いでしょうか?あるいは、逆に、男性に弱みを見せられないタイプでしょうか?

→あの時こんなことをしなければよかった、と後悔していることがあり、やり直すチャンスがありさえすれば、今度こそ同じ失敗はしないのに・・・・という思いが強いと思いますか?

②ご家族について
家族構成、ご両親との関係(特に父親)を差し支えなかったら、お話ください。ご両親の仲はどうでしたか?

 Iさんからのお返事① 

①エゴからの脱却の難しさについて

これは相手から今まで追われていた立場だっただけにいまさら自分が立場が逆転したことをくやしくて受け入れられないんですね…

彼の第一印象はさほどピンとはこなかったのですが、結局つきあうことになってしまい。やっぱりなんだか合わないんですよね。
つきあっている間彼は確かに私を好きでいてくれて、大切にしてくれてたと思います。
それは実感できました。浮気もなかったですねー…

けど一緒にいるのがなんだか息苦しくて(重すぎたのか)、おたがいのためによくないだろうと、私は何度かわかれようとして、けど向こうが嫌がってできなくて…。

そのうち、私が、別れるにはむこうに他の女ができればいいんだ!と。ねじれた感情のまま願ったら、まさに潜在意識はその通りに動いてくれました。

続きを読む
潜在意識活用【願望達成法】幸せの法則のハーモニーです

前回の記事では、「心の大元を調和させる」ということを書きました。
願望達成において、「手放せない」というお悩みを持つ方は多いです。
恋愛の願望では「執着を手放せない」という形で悩まれます。

ところで、現実面に現れる出来事・抱く感情は、全て心の投影です。
ですから、執着してしまう、依存してしまう、相手をコントロールしたがる、相手に不満があるetc・・・。

全ては心の投影であり、木で表すなら枝葉の部分なのです。

問題を解決するには、枝葉をいじらずに根の部分を調整する。
それが、「心の大元を調和させる」という意味です。

私は、カウンセリング、コーチング、セラピー、ヒーリング、催眠療法・・・。全てはこの「心の大元を調和させる」目的へのアプローチだと思っています。心を調和させ、バランスを整えることによって、本来の力を取り戻し、前に進んでいけるのです。

実は、願望達成も全く同じ原理なのです。
心が中庸に保たれたとき、願望は達成します。

そのあたりは、佐田弘幸さんのアファメーションの解説記事で書いています。
電子書籍では、第1章「事実とエネルギー」で詳細に説明しています。
基本パターンと応用パターンを書いていますが、この視点で読むと、一層理解できると思います。

それでも、この「心の大元を調和させる」ということを、腑に落ちるレベルで文字で説明するのは容易ではありません。
というか、そんなに簡単に文字で説明できたら、カウンセラーという職業が不要になりますよね(笑)。

なので、前回の記事の後も、どういう構成で記事にするか、悩みました。
実は、記事に出てきた「復縁を目指していますが、執着を手放す自信がありません」とメールをくださった方と、数回やりとりをしました。

現在は個別相談には応じていないのですが、メールの内容にシンクロを感じたので、事情をお聞きしたのです。

そのやり取りを公開して、事例で説明するのが、一番わかりやすいかな・・・と思い、その方にお願いしたところ、快く承諾してくださいました。
(もちろん、個人特定になってしまう記述は適宜、設定を変えます)
本当にありがとうございます!

ということで、次回の記事から、この方とのやり取りを数回に渡って掲載いたします。
ただ、かなり長文になるので、本質部分を残したまま、適宜カットし、ブログ記事用に編集し直します。その作業がまだ終わっていないので、まだ考え中です・・・。