FC2ブログ
多忙のため、メールの返信、コメント返しが遅れています。すみません・・・。

今日もこれからすぐ出かけるので、本格的な記事を書く時間がなさそうです。なので、10分くらいでササッと書ける軽めの記事を書きます。

ていうか、途中で書き逃げするかも(爆)
その場合はお許しを~。

昨日、時間があれば本格的に書こうと思っていましたが、さすがに疲れました・・・。
1日3件のセッションは、たまにやることありますが、時間が短い場合が多いです。
1件は継続セッションで45分とか、もう1件は1時間半コースとか。

が。
昨日は、3時間コースを2件、2時間コースを1件だったので、今までにない超ハードスケジュールとなりました。
セッション終わったら、即寝ました(笑)。

さて、前回の記事の続きです。
コメントにお返事できていないのですが(すみません)、興味深いコメントがありました。

◆まずは、「よこ」さん

満月のアファメーションプレゼントの記事にコメントしてくださいました。

彼女はミュージシャン。ピアノをされているんです(そうですよね?)。
こんなコメントを書き込んでくれました。

ハーモニーさん、一日遅れですが、アファメーションすごすぎです!
今、私に沢山の出会いがもたらされています。
暫くアルバムをリリースしていなかったのですが、来年リリースすることになり、練習しています。
なんだかシンクロ・・・アファメーション、感激でした。感謝・・・!


アルバムをリリースすることになったのですね!!!
おめでとうございます~
パチパチパチ!

アファメーションを唱えたら、急に出会いがもたらされたのですね!
すご~い!!

~追記~
この記事のコメントで、よこさんも絶対音感の持ち主であったことが判明!!
プリンターや道路工事の重機の音も和音で聞こえるそうですよ!これはかなりレベルの高い絶対音感ですね~♪


やっぱり、音楽をやっている人って、願望達成しやすい体質なのでは?と思ってしまいます。
特に、ピアノって指を動かすので、脳に良い刺激を与えますよね。
ボケ防止にはピアノがいいとかよく聞きます。

私は頭痛があるとき、3分程ピアノを弾くと、即効で治ります。
今まで、頭痛で困ったことがないのは、ピアノのおかげだと思っています。


◆お次は、「ぷちみるく」さん

彼女は、7月の関西セミナーに参加され、最後のアファメーション作成で「オリテキター!!」と自動書記をした方です(彼女のサイトはコチラ)。

そのアファメーションは、前回の新月のアファメーションプレゼントで公開いたしました。

彼女は、前回の記事に、こんなコメントをしてくださいました。

実は私もピアノ歴35年なのです~
だから、音楽聞いてると頭の中に譜面が~っ!!

左利きだし、私も右脳タイプかも♪
ミニチュア作るときもほとんどヒラメキですから~

ほんとーにハーモニーさんや、まちゃさんには浅からぬご縁を感じてしまいますね~
絶対音感つながり~っ
そうそう、ギターなど楽器のチューニングがずれてたら、気になりません・・・?

私、ハーモニーさんのブログを読む前までは、願望実現はα波じゃないと叶わないと思ってました。
脳波計で測るといつもシータ波だったので、元師匠に「寝るなっ」っていつも怒られていましたから・・・

でも、安心。ここぞって時はちゃんと願望実現してたのは、シータ波のおかげだったのですね


なんと!
ぷちみるくさんも絶対音感の持ち主だった!

これは、ますます興味深いことになってきましたね~♪
やっぱり、絶対音感を持っている人って、「繋がりやすい」のでは?

そもそも絶対音感とか何か?
最相さんの本にはこう書かれています。

「絶対音感とは、ある一定の周波数で刺激を与え続けることによって、シナプスに長期増強作用が起こり、特定の音高が音名という言葉とともに記憶されることだ」(最相葉月『絶対音感』ハードカバー版 p182)

脳と、宇宙のリズムに繋がる回路の関係・・・。
シータヒーリングでも「シータ波」になれば、繋がるといいますしね。


◆最後は昨日のクライアントさん

昨日は、わざわざ遠い所から札幌に来られた方がおられました。
最近私のサイトを発見して、直感でピンと来られたとお話されました。
ありがとうございます!!!

お話を聞いていくと、神がかったように願望実現されているのです。
ありえな~い!なくらいのタイミングでシンクロ続発の体験をされていて、聞いているコチラが「そんなことってあるんですか?」とビックリ。

でも、やはりご両親からの影響で、深い心理ブロックがあったようです。
願望達成のプロでありながら、ある願いだけは、どうしても叶わない・・。いい所までいくけれども、自分でそれをぶち壊してしまうようでした。

なので、そこは家系のデトックスで心理ブロックを癒すように進めていきました。
親から影響を受けた「思い込み」「行動パターンのクセ」は、本当に根深いな・・・と改めて思いました。

そして、そのクライアントさんが、最後にこう話してくれました。

実は、私も小さい頃から音楽をやっていました。
ピアノでもエレクトーンでも、何でもできるんです。


あぁ・・。
あなたもですか(笑)。
その神懸りのシンクロは、そうだったんですね!!

思わずそう言ってしまいました。
やっぱり、音楽と願望達成の関連は大いにありそうですよね。

そして、やはり絶対音感をお持ちとのこと。
しかも、鍵盤楽器だけでなく、吹奏楽関係の楽器も、すべて見よう見真似でマスターしてしまう才能をお持ちの方だったのです!


あ!もう出かけなくてはいけないので、この辺で失礼します。すみません・・・。



続きを夕方書くつもりでしたが、忙しいので明日か明後日に書きます。すみません~。
明日はセッションが3件入っているので、書けるかどうかわかりません・・。
前から書こうと思っていたネタと繋がるので、時間をかけて書きたいと思います。シータヒーリングとも関係ありそうだし、言霊とも関係ありそうな感じです。面白い記事になりそうです。

あと、一部書き直しました。
私の記憶では「絶対音感を持つ人は、右脳と左脳を同時に使う」でしたが、先ほど読み直してみると「絶対音感を持つ人は、左脳聴覚野の容積が、右脳のそれより大きい」と書かれていました。
また、絶対音感を持つ人は「音声も楽音も、左脳の大脳皮質聴覚野が優位」だが、絶対音感を持たない人は「音声は左脳優位、楽音は大脳皮質聴覚野全体に活性が見られる」と書かれていました。




今日は、脳と願望実現の関係について書いてみたいと思います。

私は、自分では右脳と左脳を両方使っているけれども、どちらかと言うと、左脳が優位だと思ってました。

因みに、私は絶対音感を持っていますが、絶対音感を持つ人は「音を聞くとき、左脳が優位に働く」のだそうです。
10数年前にベストセラーになった『絶対音感』にそう書かれていて、「なるほど」と思ったことがあります。

この本は、ノンフィクション作家の最相葉月さんが、「絶対音感」について科学的なデータを駆使して、相当な労力をかけて取材して、書き上げたものです。

絶対音感 (新潮文庫)


確かに、私は音を聞くときに、無意識に音を分析してしまいます。
これが、左脳チックなんでしょうね。
特に私はジャズをやっていたので、CDやコンサートに行って
「うわ!何このカッコいい音!」
と感激してしまうと、即、分析を始めてしまいます。

「なるほどね!この音にこの音を合わせているからか。」
「てことは、こういう場合には、更にこの音を合わせると、めちゃ音に厚みが出る」
「てことは、あの曲を演奏するときに、これを応用できる。」

もうアレコレ思考が止まらなくなり、音楽を聞いた後は、ぐったりしてしまいます(笑)。

そういえば、この間、DNAアクティベーションを受けたとき、まみさんが音階を発声したのです。
そのとき、出発音が「ラ音」だったと思うのです。
で、最後はなぜか半音で終わっていて、ソのシャープなんですよ。

これは、「ドレミファソラシド」でいうと「シ」で終わっているのと同じなんです。

普通、音階を順番に発声していくと、出発音で終わった方が落ち着くんですよね。
でも、なぜか、出発音の半音下で終わる。
しかも、最後の音だけ、伸ばすんです。
聞いていると、どんどん落ち着かなくなります。

すると、どうしても、落ち着くために、半音上の「ラ音」を発声したくてしたくて堪らなくなるんですよね。
ていうか実際、私は心の中で「ラ」の音を発声していました(笑)
そうすると、体が落ち着きました。

そして、そこに何か意味があるように感じました。

というのも、「ラ音」って宇宙に繋がる音と言われていますよね。
名曲『昴』を作詞・作曲した谷村新司さんが、そのことについて雑誌でインタビューされていたそうです。
(この情報は読者さんからいただきまして、私はその雑誌を買いそびれて、読んでいません)
その他でも、「ラ」には特別な力があると聞いたことがあります。

なので、DNAアクティベーションの際のあの儀式は、宇宙と繋がるためだったのでは?と密かに思ってます。
潜在意識が落ち着くために、無意識に「ラ音」を発声して、その結果宇宙に繋がってしまう。

てなことを、アクティベーションを受けながら、分析する私(笑)。
これって、明らかに左脳チックのように思います。

全然「感じて」いない。

でも、どうやら私は普段、右脳を酷使しているんだそうです。
この間「絶叫!グリグリしてぇ~!」でご紹介したサロンで、その後、足裏マッサージを受けました。

足って、右脳と左脳が逆になっていますよね。
左足は右脳で、右足は左脳。

私は明らかに、左足が疲れていたそうです。
確かに、ちょっと触られると「イダッ!!」「でも、ギモヂイイ~!」と身悶えておりました(笑)
逆に、右足は、ほとんど感じませんでした。

「右脳を使いすぎですよ」

そう言われて「へ?そんなわけない~!」
と即座に思ってしまいました。

でも、思い返せば、色んな方に同じこと言われていたことを思い出しました。

以前、直傳霊氣のセミナーを受けたときにも、先生にそう指摘されました。その他にも、霊能者の方に言われました。
そういえば、シータの基礎コースでお世話になったエリカさんにも「普段からシータ波状態」と指摘されました。

あれこれ分析する時間以外は、右脳でまったりしているってことなんでしょうか(笑)・・・・。



で。
表題の件なんですが。

私は以前から、小さい頃に音楽を習った人は、願望実現しやすい体質(?)なのでは、と思っていました。

周囲にいる「この人、直感すごいな!」「シンクロが随分起きる人だな・・・」と感じる人に「もしかして、小さい頃音楽やっていませんでした?」と聞くと、たいてい当たってます。

そして、願望達成を楽々してしまう、という共通点があります。
(というか、シンクロが起きやすい時点で、願望達成力と関係ありますしね)
そして、相当の確率で、絶対音感を持っているんです。
あと、勉強をあまりしていないのに成績がいいタイプは、絶対音感を持っている人、かなり多いです!

例えば、7月の関西セミナーに来られたまちゃさんもその一人です。
ピアノの先生をしながら、セラピストもされています。
話を聞くと、願望を実現するのが、かなりお得意なんです。

やっぱり・・・。
なんて思ってしまいました。

どうしてそうなのか?
と聞かれると、推測でしか言えないのですが、音楽をやっていると、右脳と左脳のバランスが絶妙なのかも?なんて思います。

もう一つは、「宇宙のリズムに繋がりやすい」ということもありそうです。

                        つづく・・・
前回、潜在能力を開発するDNAアクティベーション7月31日に受けたことを書きました。
そうしたら、コメント欄に、お二方の書き込みが。

シュナさん(コーチングの同期の方です)
7月は数秘では 「9」 完結の月で、
種をまいてきたこと、エネルギーを注いできたことを締めくくる時期だそうです。
今月からスタートする新しいエネルギーに乗るために古いエネルギーを手放すことにより、 今月からの流れを決めることになるのだそうです。
良い時に受けましたね!!!


まちゃさん(関西セミナーに出られたセラピストさん)
>7月は数秘では 「9」 完結の月で
(↓上のシュナさんの書き込みに対して)
マヤ暦も終わりであり始まりの7月ですね~


完結と始まりの意味がある時期に受けた・・・?
それを読んで、ハッと思い出したことがあります。

実は、DNAアクティベーションを知ったのは、数日前なんです(爆)。
有効なマッサージ法について、ネットを検索していたら、誰かのブログに「DNAアクティベーション」のことが書かれていたんです。

そのとき初めて知った言葉なのに、何故か「ピン!」と来てしまったのです。
調べてみると、対面でしか受けられないらしい。
そこで「DNAアクティベーション 札幌」で検索して、まみさんのサイトを発見。

ピピピッと来て、すぐに申込メールを出しました。
いつものごとく、直感だけで判断したので、DNAアクティベーションという単語を知って、10数分後には申し込んでましたね(笑)。

しかも、この判断は正解だったようです。
申し込んだ後、ネットで調べていたら、本部のRMMSから認定の有無があることを知り、まみさんは、札幌で唯一認定されている方だとわかったのです。
(因みに、認定の有無と、セッションのパワーの有無は関係あるようです)

で。
私が「ハッ」としたのは、この申し込んだ日についてなんです。

「も、もしかして・・・!?」



いえ、実は昨日、個性心理学の勉強会の日でした。
個性心理学では、10年毎の大運と、1年毎の運勢を組み合わせて(更に月運もありますが)、どのようなトキのリズムかを検証することができます。

1年単位の運が良くても、大運との組み合わせによって、意味合いは異なってきます。
昨日はまさにそのことを勉強していました。

この「組み合わせ」によるリズムの検証を、更に深く検証する視点があります。

それは・・・。
「大運の移り変わりのトキ」なんです。

この「トキ」を判断するためには、2種類の要素を組み合わせます。
一つは、「年」のリズムです。
例えば、「年運が6」の方なら、6才、16才、26才・・・というように、10年毎に「6」の年で大運が変わります。

もう一つが、「月」のリズムです。
これは、誕生日から何ヵ月後で変わるかという視点です。
例えば、「月運が3」の方だと、誕生日から3ヶ月後に、大運が変わります。

この二つの要素を組み合わせて、「大運の移り変わりのトキ」が決定されるのです。
例えば、「年運が7」で、「月運が6」の人ならば、
7歳6ヶ月、17歳6ヶ月、27歳6ヶ月・・・・というように、大運が移り変わります。

そして、この大運の変わり目が、色々な意味で「大変化」が起きるそうなのです。
エネルギーの変動が大きいのでしょうね。
個性心理学的な観点だと「要注意」という意味合いが強くなるようです。

ですが。
私の場合、以前の記事にも書いたとおり、「シータヒーリングと佐田式アファメーション」でリズムを修正してしまいました。

設定したのは、6月の時点です。
そのとき、大運の移り変わりまで考えてなかったのですが、そういう思いもよらない部分も包括するようなアファメーションを作成しました(このあたり、佐田式アファメーションは、ほんと便利です・笑)。



私は、お二方のコメントを読んで、個性心理学の勉強会で
「ハーモニーさん、この間、大運が移り変わったばかりだね」と言われたことを思い出したのです。

「も、もしや・・・・」
急いで、私は、まみさんに申込メールを送信した日付を確認しました。

案の定・・・。
大運の移り変わりの日でした。

「やっぱり・・・。」
そう思ったのも束の間。

更に驚くことに気づいたのです。

な、なな何と!
私は、生まれた時間ピッタリに、まみさんにメールを送信していたのです。
何時何分単位で、ピッタリ同じだったのですよ~。

つまり、正真正銘、「大運の移り変わりジャストのトキ」に、私はDNAアクティベーションを申し込んでいたのです。

お二方が書き込んでくれたとおり、まさに
「終わり」と「始まり」の瞬間に・・・。

宇宙のリズムは、深遠ですね。
星の配置は、まさにシンクロが起きる原理の源なんだと、再確認しました。

リズムを修正する記事にも書いた「宇宙のリズムに逆らうのではなく、本質的部分に同調して、周辺を修正する」技法を身につければ、楽~に流れよくシンクロを引き起こすことができるんだな~と思います。

私は、6~7月は「要注意の月」でしたが、本質部分の「直感力」「洞察力」にのみ同調するように修正&設定しました。
そして偶然にも、個性心理学での私のリズムは、8月から「開始の時期」に当たっています。

まさに、そのとおりになりましたね。
更に、大運の移り変わり、数秘術、マヤ歴の意味あいも、全て含んだ結果となりました。

7月31日にセッション日が決定したのは、まみさんの日程がたまたま空いていたからでした。
(場のエネルギーを丁寧に設定するため、1日1人と決めているそうです)

もっと言うと、この日の夜、コーチングの同期の方と練習セッションをする予定でしたが、前の日になって「もう少し時間を遅らせてください」とメールが入ったのです。
まみさんとの雑談が盛り上がり、セッションの開始時間が遅くなってしまったのですが、時間を遅らせた結果、ちょうど練習セッションの開始10分前に家に帰ることができました。

恐るべし!
宇宙のリズムの完璧さに、驚嘆せずにはいられませんでした。



前回の東京セミナーから、約3週間が経ちました。
3月の札幌セミナーでも、同じ内容をしますが、もっとブラッシュアップする予定です。
(それなのに、東京より安い価格で、しかも時間も長くやるので、お得です♪)

実は、東京セミナーを受講された方には、宿題を出しました。
お仕事の都合で、まだ提出されていない方もいますが、張り切ってかなり早くに提出され方もいます。

そのうちのお2人が、奇跡を起こしているようです
早く提出するという「本気度」と、願望実現度には、関連があると思いました。

そのうちのお一人は、「お金」も「恋愛」も上手くいっているようです。
これにはビックリ!
まさに、東京セミナーの「豊かさと愛を受け取る」にピッタリですよね。

この方は、昨年の9月に初めて私のセッションを受けられました。
1年間、他のセラピストに通われていましたが、現実が変わらないことに苛立ちを感じていました。
私の初回のセッションで手ごたえを感じたものの、「彼女の運命を創ってきた思考のクセ」が、また元に引き戻そうとしたようです。

そこで、継続セッションを申し込まれました。
次第に変わっていく彼女。
そして、私が今まで書いてきた記事で一番、反応メールが多かったアノ記事にも登場しました(笑)。

あのときほど、
「実は、私もそうなんです」
という告白メールをいただいたことはありません(笑)

それほど、あのクライアントさんの事例は、他人事ではなく、私のブログの読者さんの最大公約数的な要素を含んでいたと思います。

彼女には色々願望がありましたが、一番の願望は「幸せな恋愛をしたい」ということでした。

過去のトラウマが、前に進むのを妨げているようで、「幸せな恋愛ができるとは思えない」と話されていました。

でも、どうしても幸せな未来を選択したい!
ということで、遠くから東京セミナーに参加してくださいました。

「セミナーでは、手ごたえを感じた」というメールをくださいましたが、現実は魔法のようにすぐには変わらず、数日後「泣きのメール」が(笑)。

そこで、佐田センセが特別サービスで、「オリテキター!」というアファメーションをサービス。
夜明けに、私がお尻を叩いて、「アファメーションを考えてください」と言って、ヒィヒィいう佐田センセから搾り出したものです(笑)。
そのアファメーションは、彼女のキャラを想定して、私が少し加筆修正してから、メールでお送りしました。

それから9日後。

奇跡は起こりました。


いきなり、パートナーが現れるという奇跡がぁっ!!

セミナー参加前の3週間前に
「本当に私は幸せな恋愛ができるのでしょうか?」
と言っていた同一人物とは思えません。

彼女はメールでこう書いてくれました。

前よりも自然に、罪悪感なく(ほんとにほとんど感じない)人とコミュニケーションできて、自分自身がラクなんです。

今までの恋愛にはない展開を歩んでると思います。
そして、アファメーション唱えるその通りになることめっちゃ多いです!!
これから先又いい変化がある予感がしてます。


嬉しいですね!
もちろん、9日で奇跡を起こした土台には、ずっと継続して3ヶ月もアファメーションを変化させながら唱えてきて、内側を変えてきたことがあるのは言うまでもありません。
継続セッションでは、2週間おきに、短文のアファメーションを考え、それを唱え、更に変化した状況に応じて、新たに短文アファメーションを作成してきました。
それに真面目に取り組んできた成果が出ましたね!

彼女の軌跡は、皆さんの参考になると思います。
今度、彼女の変遷を記事化する予定でいますので、乞うご期待!

そして、3月の札幌セミナーを受講される皆様!
次の奇跡を起こすのは、アナタです♪

楽しみにしていてくださいね!
幸せになる!【潜在意識活用】宇宙の法則のハーモニーです
ヤフーニュースにこんな記事が!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070727-00000106-jij-ent

患者の死を予告する猫がアメリカにいるらしいのです。
毎日、この猫は患者を回診し、患者の横にうずくまった場合
その患者は近いうちに必ず(!)死ぬらしいのです。

ひぃー!!こわっ!!

しかも、死ぬと予告された場合
その患者の家族などが呼ばれ死に向けての準備がなされるそう。

最初、患者がこのことを知っていて、
『猫がうずくまった→自分はもうすぐ死ぬと確信する→生きる気力をなくし死ぬ』というプラシーボ効果かな、と思いましたが
患者はこれを知らないそうです!


続きを読む
幸せになる!【潜在意識活用】宇宙の法則のハーモニーです

今、ここを見てくださっている方!
突然ですが、鏡を見てください。 続きを読む